検索
  • グッドニュース新聞編集部

「すみません」を「ありがとう」にかえよう!

「〝行ってらっしゃいませ〜〞って言い方、いいと思いません?」

 会社のあるビルの共同喫煙室。若い女性の言葉が耳に飛びこんできました。歳の頃は20代前半でしょうか。

 その女性が明るい声で続けました。

「社員が外出するとき、みんな〝行ってらっしゃい〞って声をかけるじゃないですか。私は、〝ませ〞をつけて〝行ってらっしゃいませ!〞って言うんです。〝ませ〞をつけると、言われたほうもなんか、テンション上がりません?」

「たしかに! 上がる、上がる!」

 同じ会社のスタッフらしき男性たちが囃したてます。

「でしょー」

 その女性も飛びきりの笑顔を見せています。

 なんででしょうね。〝ませ〞をつけると、外まわりをする人への〝敬意〞のようなものを感じるのかもしれません。

「おはよう」、「お疲れさま」。他にも会社内で日常的に交わすあいさつがありますが、言葉ひとつ、言い方ひとつでムードは変わるものだと感じています。

 私の会社では、社内研修のひとつとして、「〝すみません〞を〝ありがとう〞という言葉に言いかえる」ということをやっています。

「すみません」は、何か人に頼むときに頻繁に使われる言葉ですが、文字通り、相手に申し訳ないことをしていると思って、卑下しているような印象があります。

「ありがとう」なら、相手に対する感謝の気持ちを素直に伝えられます。

 ついつい、「すみません」と口走ってしまいますが、「すみ……、いや、ありがとう!」と日々言いかえるクセだけはつきました(笑)。

 早く自然に笑顔で、「ありがとう」を言えるようになりたいと思います。


(千葉県・会社員・シュウ・56歳)


#シュウ

#創刊準備第5号

#会社

#ことば

#感謝

4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

コロナ禍でスポーツの初心を思う

今、コロナ禍が、スポーツ環境に大きな影響を及ぼしている。 東京オリンピック・パラリンピックの延期、インターハイ(全国高等学校総合体育大会)や夏の甲子園(全国高等学校野球選手権大会)の中止など、長い歴史のある大会さえも、開催できない状況となっている。 とくにこのコロナ禍の中で引退を迎える選手などは、さぞつらい思いでいることだろう。 私が6年前、アメリカのアトランタで行われた交流大会でエールを送った東