検索
  • グッドニュース新聞編集部

「わたし」という素晴らしい存在

「長かったねぇ。疲れた?」

「 ばぁば、もうきてるかなぁ?」

 新幹線が間もなく停車駅に着こうとしているときに、お母さんと、二歳にもならないくらいの小さな女の子が、扉の前で会話をしていました。

「みえなぁ〜い」そう女の子が言うと、お母さんは大きな荷物を持ったまま、女の子を抱っこしました。

 新幹線は、駅に近づき、速度を落としはじめていました。

「もう、着くよ」

「つくね〜」

 新幹線がゆっくり止まり、音楽とともに扉が開きました。すると、ホームには「ばぁば」とおぼしき人が立っていて、抱っこされていた女の子にとびつき、「よ〜ぉ〜来たね!」と何度も顔をすり寄せながら、うれしそうに抱きしめていました。愛おしいものを抱きしめるばぁばの顔からは、幸せがこぼれ続けていました。

 その女の子はまだなんにもできません。抱っこしてもらったり、手を引いてもらったり、たくさんの人の力を借りないと生きてはいけません。だけど、なんにもできない女の子がただそこにいるだけで、こんなにも人を笑顔いっぱいにさせてしまうのです。

 女の子が見せてくれたそれこそが、「わたし」たちのあるべき姿ではないでしょうか。

 私たちは、だれかとつながり、いろんな人の力を借りて生きています。それにもかかわらず、ただそこにいるだけで、だれかを幸せな気持ちにさせてしまえる、そういうすごい存在なのです。

 ばぁばは、そんな素晴らしい「わたし」を、素敵な素敵な「存在」を、めいっぱい愛おしく抱きしめていたのだと思います。

 朝から、思わず微笑んでしまいました。


(滋賀県・講演家、作家・フカキヨ・44歳)


#フカキヨ

#創刊第1号

#こども

#家族

#つながり

#笑顔

#幸せ

4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示