検索
  • グッドニュース新聞編集部

『グッドニュース新聞』ってナニ?

『グッドニュース新聞』がどういう新聞か、みなさまはご存じですか?

《今日、〇〇で玉突き事故があり運転者が重症で……今日、国会議員が政治資金規正法違反の疑いで……今日、△△国で爆弾テロがあり……今日、無差別殺人の裁判が……今日、こんな悪いニュースが……悪いニュースが……悪いニュースが……》

 いまマスコミ報道は、悪いニュースで埋めつくされています。悪いことばかりがクローズアップされ、何度もくり返し報道されますので、世の中に悲観しておられる方も多いことでしょう。

 しかし――。

 歴史上、人間が最も食べるに困らない時代がいつかご存じですか? それは現代です。

 歴史上、人間が最も長生きしている時代はいつですか? それは現代です。

 歴史上、赤ちゃんの生存率が最も高い時代はいつですか? それは現代です!

 なぜこんなに良い時代なのに、悪いことばかり報道されるのでしょう。それは、悪いニュースの方が注目されるからです。視聴率がとれるからです。新聞も、雑誌も、本も、そのほうが売れるからです。逆に言えば、視聴者や読者たちがそれを求めているから、どこもかしこも悪いニュースであふれ返ってしまうのです。

 こうした風潮に待ったをかけたいという思いから、『グッドニュース新聞』は産声をあげました。

『グッドニュース新聞』には、じつはもうひとつの大切な側面があります。あえて一般の方々から広く記事を募集し、草の根の声で紙面をつくりあげているのです。

 それはなぜでしょう。

 世界中の人々が、良いニュースにこそ意識を向けるようになってほしいからです。普段から良いニュースを探していれば、おのずと物事の良い側面に気づきはじめるはずです。良いことばかりに囲まれて生きていれば、だれもがほっこりとした、幸せな気持ちになれるに違いありません。

 どうか、あなたのグッドニュースをお寄せください。記事掲載させていただいた方には、些少ではありますが、謝礼もお届けさせていただきます。書籍化も視野に入れておりますので、この素晴らしいムーヴメントを大きく盛りあげていきましょう!

 素敵なグッドニュースをお待ちしております。


(東京都・本紙事務局・YT・55歳)


#YT

#創刊準備第6号

#文化

#見方を変えれば

#気づき

6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

コロナ禍でスポーツの初心を思う

今、コロナ禍が、スポーツ環境に大きな影響を及ぼしている。 東京オリンピック・パラリンピックの延期、インターハイ(全国高等学校総合体育大会)や夏の甲子園(全国高等学校野球選手権大会)の中止など、長い歴史のある大会さえも、開催できない状況となっている。 とくにこのコロナ禍の中で引退を迎える選手などは、さぞつらい思いでいることだろう。 私が6年前、アメリカのアトランタで行われた交流大会でエールを送った東