検索
  • グッドニュース新聞編集部

『グッドニュース新聞』創刊のごあいさつ

最終更新: 2020年10月7日

 三重県東員町の水谷俊郎と申します。今回『グッドニュース新聞』に関わらせていただき、大変光栄に思うとともに、東員町から世界に明るいニュースを発信していきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 本町は、七世松本幸四郎丈を輩出していることから、こども歌舞伎公演をしています。出演するこどもたちの毎年の成長に驚くとともに、大人の演技にない魅力を感じています。また、平成元年に始まった、なかにし礼作詞による、日本語で歌う「東員日本の第九」は30年続いており、年末の風物詩として町民の中に溶け込んでいます。

 合わせて、東員町3大文化事業として、この新聞の野村編集長がすべてを取り仕切る「東員町ミュージカル」は町内外から大きな評価をいただいております。

 今回、『グッドニュース新聞』の発案をいただいた中澤弘幸・黄檗売茶流前家元とのご縁によるところですが、中澤前家元は、世の中を平和にするエネルギーは文化エネルギーしかないと、常に言われています。私たち東員町は、まさに文化を醸成し、世界に発信する町としての挑戦を続けてまいります。


(三重県東員町長・水谷俊郎・67歳)


#水谷俊郎

#創刊準備第1号

#東員町

#こども歌舞伎

#日本の第九

#東員町ミュージカル




12回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

本にふれる機会を

いつもご愛読、ご寄稿のほど、誠にありがとうございます。『グッドニュース新聞』事務局員のHです。 本紙発行元のフローラル出版と同グループ内に、BRCという会社があります。常日頃は、おもに本屋さんが取引先の会社なので、業界の方でもないかぎり、名前すらご存じないに違いありません。その会社のメンバーのひとりM君が、ある日、ある思いに至りました。 新型コロナウイルス騒動で人々の気持ちがふさぎがちな、そんない

最後の授業

新型コロナウイルスの影響で、みなさんの社会生活にも、甚大な影響が出ていることかと思います。 私は校長となってこれまで、卒業式を翌日に控えた六年生に向けて、体育館で最後の授業をしてきました。 「――みなさん、明日はいよいよ卒業式です。育ててくださった方々への感謝の気持ちを込めて、明日は素敵な卒業式にしましょうね。 さて、みなさんの将来の夢はなんでしょう? 実は、夢は大きければ大きいほど叶いやすい、と

  • Facebookの社会的なアイコン
  • LINE_APP
  • Twitterの社会のアイコン
logo_mini.jpg

©2020 合同会社グッドニュース新聞社