検索
  • グッドニュース新聞編集部

おじさま社員と若手社員との、ほのぼの交流

 最近の新型コロナの影響により、私の周囲もまた、リモートワークへシフトしようとしてます。

 そのためのコミュニケーション・アプリとして、マイクロソフト社のTeamsが新しく採用されたのですが……、五十過ぎのおじさま社員には、なかなかにむずかしいようで、なにかと戸惑っておられました。

 そこで、機能や連絡のとり方を一生懸命に教えようとする若手社員たち。実際にテストメールのやりとりをするなかで、おじさま社員がひと言、

「なんか俺のおかしい……」

 若手社員は、おじさま社員のパソコンを見て、「ちゃんとできてますよ」と答えます。

 すると、おじさま社員は、

「みんなのチャットの文字はまんなかなのに、俺の打った文字は全部右にきてる!」

「???」と若手社員。

 いやいや、おじさま、それでいいんです。だって、LINEとおなじだから!

 口々に、「だいじょうぶ、それでいいんですよー」と教えてあげる若手社員たち。LINEとおなじ、と聞いて安心されるおじさま。なんだか、可愛いですよね。

 若手社員もやさしくて親切な人がとても多くて、決してバカにしたりせず、おじさまも素直に聞いていて、ちょっとほのぼのしてしまいました。


(東京都・会社員・美容マニア・44歳)


#美容マニア

#創刊第3号

#会社

#仕事

#親切

#助け合い

8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

コロナ禍でスポーツの初心を思う

今、コロナ禍が、スポーツ環境に大きな影響を及ぼしている。 東京オリンピック・パラリンピックの延期、インターハイ(全国高等学校総合体育大会)や夏の甲子園(全国高等学校野球選手権大会)の中止など、長い歴史のある大会さえも、開催できない状況となっている。 とくにこのコロナ禍の中で引退を迎える選手などは、さぞつらい思いでいることだろう。 私が6年前、アメリカのアトランタで行われた交流大会でエールを送った東