検索
  • グッドニュース新聞編集部

おにぎりを作ってきてくれました

 定時制高校の卓球部は男子4人・女子1人の5人で、みなアルバイトをしながら学校に通い、週3日の放課後(21時~21時50分)に部活動をしています。

 生徒は睡眠時間が少なく、様々な家庭事情のため食事がとれないことも多いようですので、定時制・通信制の総合体育大会地区大会では引率の際、おにぎりを作っていきました。生徒たちは「おいしい」と言って食べてくれました。

 このときに女子生徒が「次は私が先生に作ってきてあげる」と言いました。そして県大会当日、その生徒は朝5時に起きて、部員と引率者全員分のおにぎりを作ってきてくれました。「炊きたてのご飯でおにぎりを作ったらとても手が熱かった!」と言っていました。

 妹の進学のために掛け持ちでアルバイトをしているこころ優しい生徒です。

 卓球部は、手作りおにぎりの美味しさを知り幸せなひとときを共有しました。


(兵庫県・ひまわり)


#ひまわり

#創刊準備第1号

#学校

#食べもの

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

コロナ禍でスポーツの初心を思う

今、コロナ禍が、スポーツ環境に大きな影響を及ぼしている。 東京オリンピック・パラリンピックの延期、インターハイ(全国高等学校総合体育大会)や夏の甲子園(全国高等学校野球選手権大会)の中止など、長い歴史のある大会さえも、開催できない状況となっている。 とくにこのコロナ禍の中で引退を迎える選手などは、さぞつらい思いでいることだろう。 私が6年前、アメリカのアトランタで行われた交流大会でエールを送った東