検索
  • グッドニュース新聞編集部

お先にどうぞ

「東員町って、どんな町?」という質問に、他府県から移住して来た人達が声を揃えて言うことがある。それは、「見ず知らずの私達に小中学生が挨拶をしてくれる町」という言葉だ。

 町民としては大変うれしく思うが、もっと日常的に心を癒してくれることがある。それは、毎日の通勤時に出逢う子ども達の姿だ。A小学校の近くに大型スーパーがあり、朝混雑する交差点がある。そこで毎日、いくつかの通学班の譲り合いが始まる。「お先にどうぞ」と、優先的に横断させている小学生や中学生がいる。車の中でイライラしている自分の姿が恥ずかしく思える瞬間だと、同僚が教えてくれた。おまけにその通学班の班長さんは、運転手に向けて小さな頭をぺこりと笑顔で下げるそうだ。

 毎日こんな心を癒してくれる子ども達を見ることができる町に住んでいて、とても幸せだと彼は言う。毎日の生活の中でお互いを思いやる心を持った子ども達がいる小さな町が私の自慢である。


(東員町・畑友の夫・65歳)


#畑友の夫

#創刊準備第1号

#こども

#地域

#東員町

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

本にふれる機会を

いつもご愛読、ご寄稿のほど、誠にありがとうございます。『グッドニュース新聞』事務局員のHです。 本紙発行元のフローラル出版と同グループ内に、BRCという会社があります。常日頃は、おもに本屋さんが取引先の会社なので、業界の方でもないかぎり、名前すらご存じないに違いありません。その会社のメンバーのひとりM君が、ある日、ある思いに至りました。 新型コロナウイルス騒動で人々の気持ちがふさぎがちな、そんない

最後の授業

新型コロナウイルスの影響で、みなさんの社会生活にも、甚大な影響が出ていることかと思います。 私は校長となってこれまで、卒業式を翌日に控えた六年生に向けて、体育館で最後の授業をしてきました。 「――みなさん、明日はいよいよ卒業式です。育ててくださった方々への感謝の気持ちを込めて、明日は素敵な卒業式にしましょうね。 さて、みなさんの将来の夢はなんでしょう? 実は、夢は大きければ大きいほど叶いやすい、と

  • Facebookの社会的なアイコン
  • LINE_APP
  • Twitterの社会のアイコン
logo_mini.jpg

©2020 合同会社グッドニュース新聞社