検索
  • グッドニュース新聞編集部

くもり空が見せてくれた奇跡

 太陽の一部が月に隠れる「部分日食」が、12月26日の午後に日本でも観測されました。

 昨年、日本で観測されたのは、二度目のことです。一度目は1月6日に見ることができました。

「部分日食」とは、太陽と月と地球が一直線上に並んだときに、地球から見て、太陽の一部が月に隠れる現象です。

 私は、この神秘的な現象を写真に収めたいと意気込んでいました。しかし、当日のその時間はとても雲が多く、日食どころか太陽すら見えない空模様。なんとか少しでも見えないかなぁと、ちょくちょく空を見ていました。

 しばらく観察していると、流れる雲の厚みが薄らいだときに、かすかに太陽が確認できることに気づきました。雲の少ないときに撮影すると、カメラのファインダーには日食して

いる太陽の姿がくっきりと――。

 なんと、肉眼で日食が撮れたのです!

 日食は、肉眼で直視すると、たとえ短い時間であっても目を痛めてしまうので、絶対にいけません。撮影するのも、減光対策を施さずにカメラのレンズを太陽に直接向けると、カメラにも悪影響を与えてしまうため、日食を普通に撮影するのはむずかしいのです。そんななか、日食観測を邪魔していると思っていたくもり雲が、見せてくれた奇跡。

 この空でなくては見られなかった、撮れなかった。どんなものも、それがどう作用するか。見方を変えると、素晴らしい奇跡がそこにはありました。

 日本で次に部分日食が見られるのは、今年は6月21日です。どこにいても、誰でも見ることができる、広い空。みんなで空を見上げましょう。


(東員町・カメラマン・鈴木歩・39歳)


#鈴木歩

#創刊準備第5号

#自然

#風景

#見方を変えれば



5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

コロナ禍でスポーツの初心を思う

今、コロナ禍が、スポーツ環境に大きな影響を及ぼしている。 東京オリンピック・パラリンピックの延期、インターハイ(全国高等学校総合体育大会)や夏の甲子園(全国高等学校野球選手権大会)の中止など、長い歴史のある大会さえも、開催できない状況となっている。 とくにこのコロナ禍の中で引退を迎える選手などは、さぞつらい思いでいることだろう。 私が6年前、アメリカのアトランタで行われた交流大会でエールを送った東