検索
  • グッドニュース新聞編集部

すべては子どもたちのために

 2020年3月31日、37年にわたる私の教員生活が終わりを迎えます。

 まさか私が、定年まで教員を続けられるなんて思ってもみませんでした。つらいこともあったはずなのに、ふり返ってみると楽しい想い出ばかりです。

 この37年間、さまざまなかたちで教育に関わる人々と出会ってきました。保護者、教員、行政、企業――。

 しかし、ときに立場や思想の違いから、教育に関わる大人どうしでの対立も起こります。人間ですから、意見の違いがあるのは当然です。むしろ違う意見があるからこそ、教育は発展していくのだと思います。意見は違えど、その根底にある想いは皆おなじです。

 子どもたちのために――。この想いが根底にある限り、たとえ意見が違っても、教育は必ず良い方向へ進むと信じています。

 私は知っています。教育に関わるすべての大人が、子どもたちのために汗を流して頑張っていることを。教育に関わるすべての大人が、子どもたちの笑顔に元気づけられることを。

 日本の教育に必要なのは、斬新な手法ではなく、教育に関わる大人を支えることだと、私は考えます。親も人、教員も人、国も人です。ひとりですべての重圧を受け止められる人間なんていないのです。

 私は教員を引退した後、37年間で得た知識と経験とつながりを、人を幸せにするために使いたい。教育に関わる大人が迷ったとき、悩んだとき、背中に手を当て、「大丈夫だよ」と言える存在になりたいと考えています。

 子どもたちから、「こーちょーせんせー!」と呼んでもらえるのもあと少し。引退まで数か月。残りの月日で、いま関わっている子どもたちのためにできることを、ひとつでも多く実行していきます。

 すべては皆さんとおなじ、子どもたちの笑顔のために。 


(絶好調な校長・60歳)


#絶好調な校長

#創刊準備第5号

#こども

#学校

#教育

#助け合い

6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

コロナ禍でスポーツの初心を思う

今、コロナ禍が、スポーツ環境に大きな影響を及ぼしている。 東京オリンピック・パラリンピックの延期、インターハイ(全国高等学校総合体育大会)や夏の甲子園(全国高等学校野球選手権大会)の中止など、長い歴史のある大会さえも、開催できない状況となっている。 とくにこのコロナ禍の中で引退を迎える選手などは、さぞつらい思いでいることだろう。 私が6年前、アメリカのアトランタで行われた交流大会でエールを送った東