検索
  • グッドニュース新聞編集部

なにげない毎日は光で満ちている

 空が好きです。

 どこにいても、だれでも、いつでも見ることができる、そんな空が好きです。春の空、夏の空、秋の空、冬の空。365日すべてが違います。

 ある春の日の夕方、とても素敵な空と出合いました。写真にうつり込んだ複雑な色のスペクトル、これを大気光学現象と言います。空気中の水滴や結晶によって、太陽の光が反射、屈折、回折を起こすことで、不思議な彩りが空に描かれる現象です。私たちがよく知っている虹もそのひとつです。

 時間帯や季節、太陽の高度など、条件によって多様な姿で現れてくれて、このときもいろんな現象が同時に見られました。これはとてもめずらしいことなんです。あたかもたくさんの虹でも見るような、広い空に大きく描かれたスカイアートの数々。それは、それは、美しい情景でした。

 いつでも見ることのできる空ですが、いつも見られるとはかぎらない、さまざまな現象がふいに立ち現れる。毎日のなかで常に変化していて、いつも新しいものが発見できてしまう。まるで人生のようですね。

 世界中につながる空――いまこの瞬間も、あまねく空に描かれたスカイアートをだれかが見あげているかと思うと、ロマンを感じます。

 なにげなく見あげるだけで、楽しい。

 空のことを知ると、もっと楽しい。


(東員町・カメラマン・鈴木歩・40歳)


#鈴木歩

#創刊第4号

#自然

#風景

#変化

#つながり


3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

コロナ禍でスポーツの初心を思う

今、コロナ禍が、スポーツ環境に大きな影響を及ぼしている。 東京オリンピック・パラリンピックの延期、インターハイ(全国高等学校総合体育大会)や夏の甲子園(全国高等学校野球選手権大会)の中止など、長い歴史のある大会さえも、開催できない状況となっている。 とくにこのコロナ禍の中で引退を迎える選手などは、さぞつらい思いでいることだろう。 私が6年前、アメリカのアトランタで行われた交流大会でエールを送った東