検索
  • グッドニュース新聞編集部

ひさしぶりの学校

 私が、新型コロナウイルスが少し収まってうれしかったこと、変わったことを書きます。

 うれしかったことは、学校や図書館、習い事、いろいろなことが始まったことです。そして友達とも遊べるようになり、毎日とても楽しいです。

 どうしてかというと、学校がない間はみんなで勉強をしたり、友達と遊んだりできなくてさびしかったからです。

 変わったことは、学校や習い事が前より楽しくなったことです。

 ひさしぶりに学校に行った日、いつもより学校が楽しく感じました。習い事もまた始まって安心しました。

 早くコロナウイルスが収まって、今よりもっといろいろなことができるようになったらいいなと思います。


(神奈川県・小学3年生・杉村さくら)


#杉村さくら

#創刊第6号

#こども

#学校

#友だち

#変化

4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

コロナ禍でスポーツの初心を思う

今、コロナ禍が、スポーツ環境に大きな影響を及ぼしている。 東京オリンピック・パラリンピックの延期、インターハイ(全国高等学校総合体育大会)や夏の甲子園(全国高等学校野球選手権大会)の中止など、長い歴史のある大会さえも、開催できない状況となっている。 とくにこのコロナ禍の中で引退を迎える選手などは、さぞつらい思いでいることだろう。 私が6年前、アメリカのアトランタで行われた交流大会でエールを送った東