検索
  • グッドニュース新聞編集部

エールが努力を後押し!

 東員町には「猪名部(いなべ)ジンジャーエール」という商品があります。これは東員町が誇る猪名部神社で御祈祷された応援飲料です。

 神社で応援、じんじゃでえーる、ジンジャーエール……。

 ユニークなネーミングだけが売りではなく、生姜の風味強めな味わいとスッキリした喉越しにも定評があります。

 実は、この「猪名部ジンジャーエール」には、〝ここ一番〞の場面でエールを贈ってくれるという御利益があるらしいのです。

 以前に投稿した「走るって素晴らしい!」という記事の中で、金沢マラソンで目標としていた完走タイムを達成できたことに触れましたが、開催の前日に私はこれを飲んで大会に臨みました。

 神頼みではありませんが、目標を達成できるか不安に思っていた気持ちが消え、それまでの努力を信じて走りきることができたのは、御利益があったということなのかもしれません。

 そして、つい最近もまた、〝ここ一番〞という場面が訪れました。

 それは、とある資格試験へのチャレンジ。試験範囲は私にとって今まで馴染みのなかった分野にも及び、勉強には大変、苦労しました。

 そこで私は、試験前日に再び「猪名部ジンジャーエール」を飲んで当日に臨んだのです。

 この記事を書いている時点では正式な結果が出ていませんが、自己採点の感触は悪くないと思っています。

 結果はどうあれ、エールによって不安を抱くことなく試験に立ち向かえたのは、確かです。

「猪名部ジンジャーエール」の御利益は、目に見えるものではありません。それでも私にとっては、マラソンのときも試験のときも、最後の後押しをしてくれた、と感じることができました。

 今後、あなたに訪れる〝ここ一番〞の場面のためにも、ぜひ一度、東員町を訪れて不思議なエールを飲んでみてほしいと心から思います。


(東員町・会社員・I♡東員・44歳)


#ILOVE東員

#創刊第6号

#地域

#名産

#応援

#スポーツ


5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

コロナ禍でスポーツの初心を思う

今、コロナ禍が、スポーツ環境に大きな影響を及ぼしている。 東京オリンピック・パラリンピックの延期、インターハイ(全国高等学校総合体育大会)や夏の甲子園(全国高等学校野球選手権大会)の中止など、長い歴史のある大会さえも、開催できない状況となっている。 とくにこのコロナ禍の中で引退を迎える選手などは、さぞつらい思いでいることだろう。 私が6年前、アメリカのアトランタで行われた交流大会でエールを送った東