検索
  • グッドニュース新聞編集部

グッドニュースはあなたのすぐそばに

『グッドニュース新聞』編集長の野村幸廣と申します。私は三重県を拠点とする演劇集団ローカルスーパースターズという劇団の主宰をしており脚本・作曲・演出を務め、これまでに約20作のオリジナルミュージカルを手がけてまいりました。

 その中で東員町の水谷俊郎町長との出会いがあり、『グッドニュース新聞』の編集長を仰せつかった次第です。

 私はこれまでに東員町を題材にした作品を4本創作してきましたが、これらの作品の取材の中で知ったことは、東員から世界に向けて誇れる人物、文化、風土などがたくさんあるということでした。そんな東員町で生き、町を愛し、暮らす方々とともに、全国から素敵なニュースを集めて、発信していこうというのが『グッドニュース新聞』です。

 メディアから見聞きするものは、暗いニュースが多いです。しかし、暗いニュースの陰にもニュースにならなかった素敵なニュースはきっとある。困っている人に手を差し伸べた人、町を美しくした陰の立役者、生まれて初めて電車で席を譲った誰かさん。何気ない毎日の中にグッドニュースは溢れています。ちょっと視点を変えるだけで、そのグッドはあなたの近くでも微笑んでいます。日々の心をちょっと温める。それが『グッドニュース新聞』です。

 皆さま、何卒よろしくお願い致します。


(本紙編集長・野村幸廣・54歳)


#野村幸廣

#創刊準備第1号

#東員町

#東員町ミュージカル

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

本にふれる機会を

いつもご愛読、ご寄稿のほど、誠にありがとうございます。『グッドニュース新聞』事務局員のHです。 本紙発行元のフローラル出版と同グループ内に、BRCという会社があります。常日頃は、おもに本屋さんが取引先の会社なので、業界の方でもないかぎり、名前すらご存じないに違いありません。その会社のメンバーのひとりM君が、ある日、ある思いに至りました。 新型コロナウイルス騒動で人々の気持ちがふさぎがちな、そんない

最後の授業

新型コロナウイルスの影響で、みなさんの社会生活にも、甚大な影響が出ていることかと思います。 私は校長となってこれまで、卒業式を翌日に控えた六年生に向けて、体育館で最後の授業をしてきました。 「――みなさん、明日はいよいよ卒業式です。育ててくださった方々への感謝の気持ちを込めて、明日は素敵な卒業式にしましょうね。 さて、みなさんの将来の夢はなんでしょう? 実は、夢は大きければ大きいほど叶いやすい、と

  • Facebookの社会的なアイコン
  • LINE_APP
  • Twitterの社会のアイコン
logo_mini.jpg

©2020 合同会社グッドニュース新聞社