検索
  • グッドニュース新聞編集部

コロナウイルスが環境問題を改善!?

 新型コロナウイルスは、私たちの生活に多くの変化をもたらしました。働き方、余暇の過ごし方、オンラインでのつながり。これら目に見えるものもそうですが、いつになく人々の密度が薄い街を歩きつつ深呼吸してみると、「空気がおいしくなったかな!?」とさえ感じたりもします。

 驚いたことに、そんな空気の変化もあながち気のせいではないようです。しかも、これが地球規模での話でした!

 ニューヨークでは、PM2・5(微小粒子状物質)が、例年の50%以下まで低下し、大気汚染が大幅に改善されたことが、コロンビア大学の研究チームによって発表されました。

「空気がこれほどきれいになるのははじめてだ」と、当大学のロシン・コマーン教授は結論づけています。

 一方、中国でも、大気汚染が大幅に改善されたことにより、最大7万7000人の命が救われたというスタンフォード大学の研究結果が出ています。

「地球の自浄作用」というべきこの変化は、大気汚染改善にのみとどまりません。イタリアの都市・ヴェネチアでは、観光客の減少に加え、外出禁止令が発令されて、船の往来が減少。それまで濁っていた水路が、なんと水底が見えるほどにまで格段に透明度を増したそうです。「水の都」の本来あるべき姿を取り戻したということでしょうか。

 暗いニュースがつづくなか、人間の活動と環境問題とが、これほどまでに密接に関わっていることを、新型コロナウイルスが、私たちにそっと教えてくれているのかもしれません。豊かな自然のなかで生かされているありがたみを、変わりゆく暮らしのなかで忘れないようにしたいものです。


(世界を知るGNP記者・石田和靖・48歳)


#石田和靖

#創刊第4号

#変化

#環境

#自然

#暮らし

8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

コロナ禍でスポーツの初心を思う

今、コロナ禍が、スポーツ環境に大きな影響を及ぼしている。 東京オリンピック・パラリンピックの延期、インターハイ(全国高等学校総合体育大会)や夏の甲子園(全国高等学校野球選手権大会)の中止など、長い歴史のある大会さえも、開催できない状況となっている。 とくにこのコロナ禍の中で引退を迎える選手などは、さぞつらい思いでいることだろう。 私が6年前、アメリカのアトランタで行われた交流大会でエールを送った東