検索
  • グッドニュース新聞編集部

タクシー運転手が見た有名人の素顔

 私は以前、タクシー運転手でした。とかく接客が問題視される職種ですが、実はそれと同じくらい、お客様から冷たくあしらわれる存在でもあります。移動手段の一部としか思われず、人格として認められないこともしばしばですが、だからこそ、人間の隠れた面が見えます。ですから、やさしく接していただいたときの感動もひとしおです。

 当然、有名人の素顔も数百と垣間見てきたわけですが、この機会に感謝を込めて、とくに心に残った方々の名を列挙してみます。

 俳優の小栗旬さん、ムロツヨシさん、高良健吾さん。皆さん礼儀正しかったです。お笑い芸人のフジモンさんは地下駐車場でお降りになったあと、わざわざその場にとどまり、車のターンテーブルを回してくださいました。

 中島みゆきさんも気さくな方でした。

 最も印象的だったのは、三度ほどお乗せした批評家の蓮實重彦先生です。鬼みたいに恐ろしいと巷間ささやかれる方ですが、私のような弱い立場の者にこそ、いつも物腰やわらかく紳士的で、ブーケを手に、入院中の奥様を見舞われるお姿には、胸を突かれました。

 いまはタクシー業界を去った身ですが、素敵な方々とお会いできたことは私の財産です。


(東京都・会社員・SH・50歳)


#SH

#創刊準備第1号

#仕事

5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

コロナ禍でスポーツの初心を思う

今、コロナ禍が、スポーツ環境に大きな影響を及ぼしている。 東京オリンピック・パラリンピックの延期、インターハイ(全国高等学校総合体育大会)や夏の甲子園(全国高等学校野球選手権大会)の中止など、長い歴史のある大会さえも、開催できない状況となっている。 とくにこのコロナ禍の中で引退を迎える選手などは、さぞつらい思いでいることだろう。 私が6年前、アメリカのアトランタで行われた交流大会でエールを送った東