検索
  • グッドニュース新聞編集部

ロンドンでの奇跡

 いまから30年前、ロンドンの書店でのことです。店内を一人歩いていると、

「せんせーっ!」

 突然、後ろから日本語で声をかけられました。ふり返ると、なんとそこには教え子の姿が――。

「えっ、なんでここにいるの!?」

「なんでじゃないよ! 『将来は海外に留学するといいよ』って言ってくれたのは先生じゃん。だからいまロンドンに留学しているんだよ」

 地球の裏側で、教え子にバッタリ出会った驚きと喜びがあふれて言葉を忘れるほどでした。人生にはこんなこともあるのですね。

 異国の文化を若いときに肌で感じることの重要性を、いつも授業の中で切々と訴えていました。そんな気持ちを受け止め、実行してくれた教え子がいたとは。これこそ教師冥利に尽きるというものですね。

 幸運にも海外に行く機会を与えられた私と、私の言葉を覚えていてくれた教え子。そんな二人に起きたこの出来事は、奇跡の引き寄せであり、単なる偶然ではないと思います。

 自分の心と直感に従って行動するとき、人は奇跡を引き寄せると私は信じています。ところが、二者択一の選択を迫られたときに、最初から「むずかしい」と言い、お金や時間がないなどの言い訳をして諦めてしまうことがあります。これでは、奇跡を呼び起こすことはできません。

 たった一度の人生、後悔しないように自分の心の声に耳を傾け、素直に生きていきましょう! そうすれば、もっともっと素敵なことが起きると思いますよ。


(絶好調な校長・60歳)


#絶好調な校長

#創刊準備第4号

#海外

#学校

#教育

#生き方

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

コロナ禍でスポーツの初心を思う

今、コロナ禍が、スポーツ環境に大きな影響を及ぼしている。 東京オリンピック・パラリンピックの延期、インターハイ(全国高等学校総合体育大会)や夏の甲子園(全国高等学校野球選手権大会)の中止など、長い歴史のある大会さえも、開催できない状況となっている。 とくにこのコロナ禍の中で引退を迎える選手などは、さぞつらい思いでいることだろう。 私が6年前、アメリカのアトランタで行われた交流大会でエールを送った東