検索
  • グッドニュース新聞編集部

三条で見つけたひととき

 先日、京都の三条にある、こだわりの喫茶店を訪れる機会がありました。

 いただいた珈琲(コーヒー)はどれも香り高く、非常に美味しかったのですが、中でもアイスについては、淹れたての珈琲をお手製の冷却機で一気に冷やすことで、酸化することもなく、ふだん飲むものとは香りや味がまったく違いました。

 本格的な珈琲愛好家からは、「アイスなんて……」と思われてしまうかもしれませんが、そんな方にこそ、ぜひとも一度、体験してほしい一杯でした。

 このお店でひときわ目を引かれたのが、写真にもある挑発的な看板。

「美味しくなければ、お支払いは不要です」

 かなりの自信がなければ言えないことですが、「特に、その場で作る珈琲ジュレ」とあるので、わくわくしながらお願いしてみたら……これが本当に美味しい!

 その素晴らしさを伝える文才を持ち合わせていないのが悔やまれますが、間違いなく人生で一番の味でした!

 目の前で作られるエンターテイメント性だけでなく、味や香りはもちろん口溶けも含めて、今まで食べてきた珈琲ゼリーの概念が覆される体験でした。

 店主のお話を伺うと、ご本人は喫茶店でスイーツの類は一切頼まれないのだそう。

「だからこそ、この値段でもいいのか、頼む価値があるのか、と考えてしまう」

 あえて値段は伏せますが、以前は珈琲とセットでコンビニスナック並みの価格で提供していた時期もあったとのこと。

 スイーツ頼まない系店主が提供するスイーツに、自分が甘いものが苦手なことも忘れ、すっかり癒されてしまったひとときでした。


(愛知県・会社員・本の虫干・40歳)


#本の虫干

#創刊第6号

#お店

#こだわり

#手づくり

#食べもの

#癒やし


4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

コロナ禍でスポーツの初心を思う

今、コロナ禍が、スポーツ環境に大きな影響を及ぼしている。 東京オリンピック・パラリンピックの延期、インターハイ(全国高等学校総合体育大会)や夏の甲子園(全国高等学校野球選手権大会)の中止など、長い歴史のある大会さえも、開催できない状況となっている。 とくにこのコロナ禍の中で引退を迎える選手などは、さぞつらい思いでいることだろう。 私が6年前、アメリカのアトランタで行われた交流大会でエールを送った東