検索
  • グッドニュース新聞編集部

可愛い子には旅をさせよ

 ミャンマーに赴任して9か月――。年末年始は、長崎でひとり暮らしをさせている高校2

年生の息子が会いに来てくれた。

 ちょうど、ビザランでタイに行くついでがあり、そこで待ち合わせすることになった。息子は、便の都合で前々日から福岡のホテルに一泊。前日にひとりでタイのバンコクに入国したが、物怖じすることなくだれにでも積極的に英語で話しかけるので、ある意味、心配はしていなかった。そのようにして、夏に帰国して以来、ようやく息子と再会することができた。

 夏の帰国時は、わずか3日間のみの滞在で、しかもその間、ほぼ掃除に明け暮れていたのだが、今回は11日間一緒。相変わらずの息子の早口トークに、たくさん笑って、久しぶりに楽しかった。

 途中、タクシーにスマホを忘れ、通行人に借りたスマホでタクシーに電話して、危機一髪でバスに間に合ったことや、飛行機で隣に座っていた日本人と同じホテルだったこと、バンコクで迷い込んだ地下道で、日本寿司屋を見つけたことなど、さまざまな幸運がかさなったようだ。ミャンマー滞在中もいろいろな方に街を案内していただき、ご馳走していただき、プレゼントをいただきと幸運に恵まれ、その後、ひとりで帰国する道中もラッキーがたくさん続いたとか。

 この旅で、彼はきっと大きな自信を手にしたことだろう。

 経済、発展、人権、平和についても刺激を受けたらしい。そして何よりも、必然的な『出会い』の意味を深く知ったのではないかと思う。     


(長崎県・会社員・midd・50歳)


#midd

#創刊第1号

#学生

#親子

#海外

#旅

#親切


7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

コロナ禍でスポーツの初心を思う

今、コロナ禍が、スポーツ環境に大きな影響を及ぼしている。 東京オリンピック・パラリンピックの延期、インターハイ(全国高等学校総合体育大会)や夏の甲子園(全国高等学校野球選手権大会)の中止など、長い歴史のある大会さえも、開催できない状況となっている。 とくにこのコロナ禍の中で引退を迎える選手などは、さぞつらい思いでいることだろう。 私が6年前、アメリカのアトランタで行われた交流大会でエールを送った東