検索
  • グッドニュース新聞編集部

君はポルシェがほしいと思うかい?

「やりたいことが見つからない」

 アルバイトの学生たちが皆、口々にそう言う。むしろ、やりたいことがある学生の方が少ない。そんなとき、私はある教授の言葉を思い出す。

 当時、大学生だった私は、彼らと同様にやりたいことが見つからなかった。

 福祉系大学に進学し、教師を目指していたが、講義が退屈すぎて断念。空いた時間をアルバイトに費やし、それを学費にあてる日々が続いた。勉強よりもアルバイトをしている時間のほうが多く、そんな生活にウンザリしていた。

 ある日、文学を専攻している教授と、進路について面談することになった。当たり障りのないことを伝え、その場を逃れようとしている私に教授は言った。

「君は本当は何がやりたいの?」

 誰にも言っていない夢が脳裏に浮かんだ。本や映画が好きだった私は、物語を書いてみたいという密かな思いがあった。ただ、まわりにそんな人間はひとりもいない。友人はおろか、家族にさえ打ち明けたことがなかった。

「物語を書く仕事に就きたいです」

 やけくそだった。文学に精通した教授に、それは無理だよと否定されれば、あきらめがついた。

「君はポルシェがほしいと思うかい?」

 予想だにしていない答えが返ってきて、とっさに首を横に振る。

「これはお釈迦さまが言っていたのだけれど、人は手に届く欲望しか思い浮かばない。だから、君がなりたいという欲望があるのなら、それは手が届くんだよ」

 その日から人生が変わった。物語について一から勉強し、私の書いた脚本で学生映画を撮った。大変なこともたくさんあったけれども、いまはプロの脚本家に指導を受けながら、賞に向けたプロットを考えている。あの言葉がなければ、いまの私はいないだろう。

「やりたいことが見つからない」のは、ひょっとしたら、だれかに話すことができないからなのかもしれない。


(千葉県・Y―18・24歳)


#Y18

#創刊準備第6号

#夢

#人生を変えた出来事

#気づき

6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

コロナ禍でスポーツの初心を思う

今、コロナ禍が、スポーツ環境に大きな影響を及ぼしている。 東京オリンピック・パラリンピックの延期、インターハイ(全国高等学校総合体育大会)や夏の甲子園(全国高等学校野球選手権大会)の中止など、長い歴史のある大会さえも、開催できない状況となっている。 とくにこのコロナ禍の中で引退を迎える選手などは、さぞつらい思いでいることだろう。 私が6年前、アメリカのアトランタで行われた交流大会でエールを送った東