検索
  • グッドニュース新聞編集部

失いながらも、少しずつ前へ

 2019年9月、約16年続いた三重県RDF(ゴミを乾燥させて固形燃料をつくる)発電事業が終了しました。ダイオキシンを出さず、捨てるゴミを燃料という資源に変え、発電することによりゴミ処理料金を賄うという「夢のゴミ処理方式」と謳われたシステムでした。しかし、現実はそう甘いものではなく、固形燃料製造とその処理とで二重に手間と経費がかかるものであることがわかりました。

 さらに、追い打ちをかけたのが、稼働半年後に起きたRDF貯蔵施設の水蒸気爆発でした。この事故で2名の消防士の尊い命が奪われました。その内の1人が東員町在住の川島章さん(当時30歳)。前年に結婚し、彼が亡くなった3か月後に子どもが生まれました。

 川島さんのご両親の心の内は、他人には推し量れるものではありませんが、大きな傷と暗闇が残ったことは疑いの余地もありません。

 そんな川島さんの父親、浩さんは、どのように心の整理をされたのかわかりませんが、この事故後、事故の原因となった生ゴミを回収して堆肥にする活動を始めました。はじめは、なかなか賛同者が集まらない中、仲間とともに地道に活動を続けてきました。15年が過ぎ、今では500世帯ほどの生ゴミを回収、処理しています。

 今、地球温暖化は大きな社会問題となっています。「燃やせばいいという風潮を消したい!」川島さんは、今日もゴミを集めて町内を回っています。


(三重県東員町長・水谷俊郎・67歳)


#水谷俊郎

#創刊準備第2号

#東員町

#社会活動

#環境

4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

コロナ禍でスポーツの初心を思う

今、コロナ禍が、スポーツ環境に大きな影響を及ぼしている。 東京オリンピック・パラリンピックの延期、インターハイ(全国高等学校総合体育大会)や夏の甲子園(全国高等学校野球選手権大会)の中止など、長い歴史のある大会さえも、開催できない状況となっている。 とくにこのコロナ禍の中で引退を迎える選手などは、さぞつらい思いでいることだろう。 私が6年前、アメリカのアトランタで行われた交流大会でエールを送った東