検索
  • グッドニュース新聞編集部

奇想天外な独自戦略をとるカタール航空

 世界中で、コロナウイルスの影響拡大がとどまることを知りませんね。この局面を、冷静かつ前向きに乗り越えていきたいものです。

 さて、今回は「前向きさ」という意味で、実に象徴的なニュースをお届けします。

 ニュースの主役は、カタールを代表する企業・カタール航空。世界の航空業界が減便運休ラッシュのなか、なんとカタール航空は、「増便増席」という奇抜な戦略に出ているのです!

 石油を一滴も使わない、天然ガスを使ったエネルギー政策で未曾有の経済開発を進めてきた、中東アラビア半島のカタール。有名なのは、わが道を行く独自外交政策(この話は別の機会に……)や、中東アラブ圏で唯一中立的なメディア「アルジャジーラ」などです。首都ドーハについては、サッカーファンの記憶に焼きつく「ドーハの悲劇」でご存じの方も多いのではないでしょうか。

 そのカタールでも、例にもれず海外からの入国を禁止としています。しかし、乗り継ぎとしてドーハ空港を利用するのはOKとして、運航をつづけているのです。感染リスクが大きいなか、どうしても家族のもとに帰りたくて移動手段を必要とする人に対し、フライトを提供しつづけているという「グッド」な見方もできます。しかし、世界全体の経済活動が、自粛モードで動いています。そんな状況下で、カタール航空は攻めの姿勢を貫いている、数少ない企業といえますね。

 もちろん、感染拡大を防止するための行動が大事であることは言うまでもありません。一方で、社会が良い方向に循環していくように、おのおのが最大限できることを継続していきたいものです。               


(世界を知るGNP記者・石田和靖・48歳)


#石田和靖

#創刊第2号

#海外

#企業

#社会


8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

コロナ禍でスポーツの初心を思う

今、コロナ禍が、スポーツ環境に大きな影響を及ぼしている。 東京オリンピック・パラリンピックの延期、インターハイ(全国高等学校総合体育大会)や夏の甲子園(全国高等学校野球選手権大会)の中止など、長い歴史のある大会さえも、開催できない状況となっている。 とくにこのコロナ禍の中で引退を迎える選手などは、さぞつらい思いでいることだろう。 私が6年前、アメリカのアトランタで行われた交流大会でエールを送った東