検索
  • グッドニュース新聞編集部

子どもから「Giveの精神」を学ぶ

 私が「おかあさん」と呼ばせていただいている大切な方には、三人のひ孫(7歳・4歳・2歳)がいます。彼らが生まれるはるか以前からのご縁になりますが、ひとり者の私にとっては、チビたちもかけがえのない大切な宝です。チビッ子ギャングではありますが(笑)。

 先日、久しぶりにおかあさん宅にお邪魔をしたら、案の定ヤツらもいました。玄関を開けると、次つぎに飛びかかってきてハグの嵐。こうして飛びついてきてくれるのはいつまででしょう。

 ハグの次は、自分たちのおやつのアメを私にくれると言って、おのおのが代わるがわるわたしに寄ってくるのです。

 いつも思うのですが、子どもというのは、あんなに小さいのに自分のものを進んで人にあげる「Giveの精神」をすでに持っている。それもいらないものではなく、大事なものをくれるのです。あらためて、子どもは大人の師匠だなぁ、と再確認するのでした。

 帰るときはいつも、「まだ帰っちゃダメ!」「今度、いつ来る?」とうれしい声をかけてくれますが、時間にも限りがあり、それに即答できないのがつらいところです。

 あと数年もしたら、友だちとの関係のほうが大事になっていくでしょうから、せいぜい、いまのうちになるべく一緒に過ごしておきたいと思っています。

 私たちの宝がいつも笑顔で輝いている世の中にしたいですね。


(東京都・自由業・The Light・49歳)


#TheLight

#創刊準備第6号

#こども

#家族

#笑顔

6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

コロナ禍でスポーツの初心を思う

今、コロナ禍が、スポーツ環境に大きな影響を及ぼしている。 東京オリンピック・パラリンピックの延期、インターハイ(全国高等学校総合体育大会)や夏の甲子園(全国高等学校野球選手権大会)の中止など、長い歴史のある大会さえも、開催できない状況となっている。 とくにこのコロナ禍の中で引退を迎える選手などは、さぞつらい思いでいることだろう。 私が6年前、アメリカのアトランタで行われた交流大会でエールを送った東