検索
  • グッドニュース新聞編集部

小さなてるてる坊主

 東員町では、9月から10月にかけて、幼保小中学校の運動会の季節である。9月28日(土)は小学校の運動会であった。しかし数日前から、天気予報では土曜が曇りのち雨、日曜が雨、月曜も雨であった。小学校では、何としても土曜日にという思いが強かった。そして当日、薄雲の中、実施された。

 私はある小学校に見学に行った。そこで校長先生から話を伺った。

「今日、運動会ができて2年生の子たちは大喜びです。それは、明日転校する子がいて、今日できなかったら、みんなで運動会を楽しむことができなかったからです」

 校長先生の話には続きがあった。「土曜日に晴れるように、クラスのみんなでてるてる坊主を作って教室に吊るしました。そのてるてる坊主は、少し小さなものでした」

 小さなてるてる坊主とはどうしてだろう、と思いながら話を聞いていた。「クラスの子の一人に紫外線アレルギーがあるので、雨が降らず、さりとて晴れすぎず運動会ができるように、小さなてるてる坊主を作ったのです」

 子どもたちの友だちへの思いが私の心に灯をともした。私はいい町に住んでいる。


(東員町・畑友の夫・65歳)


#畑友の夫

#創刊準備第2号

#東員町

#こども

#友だち

#学校

#スポーツ

#イベント

5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

コロナ禍でスポーツの初心を思う

今、コロナ禍が、スポーツ環境に大きな影響を及ぼしている。 東京オリンピック・パラリンピックの延期、インターハイ(全国高等学校総合体育大会)や夏の甲子園(全国高等学校野球選手権大会)の中止など、長い歴史のある大会さえも、開催できない状況となっている。 とくにこのコロナ禍の中で引退を迎える選手などは、さぞつらい思いでいることだろう。 私が6年前、アメリカのアトランタで行われた交流大会でエールを送った東