検索
  • グッドニュース新聞編集部

弟なんてほしくない

 私の甥のタカシ君は、小学校四年生。二歳上のお姉さんがいることもあって、甘えん坊です。ママが大好き、パパも大好き。お姉ちゃんとはときどきケンカもするけれど、やっぱり大好きです。すぐ近くにおじいちゃんとおばあちゃんの家もあって、毎日のように遊びに行きます。もちろん、ふたりのことも大好きです。

 そんなタカシ君には、紳士な一面もあります。お父さんは忙しくて家にいることが少なく、ママとお姉ちゃんを守るのは自分の役目。洗濯物を干すときは、ママの下着が外から見えないように内側に並べる。みんなで買い物をした帰りには、いちばん重い袋を持つ。お姉ちゃんが新しい服を着ていたら、必ず褒める。アラフォーの私は、10歳児に「モテる男」の姿を学んでいます。

 今年の一月、ママのお腹のなかに、新しい家族がいることがわかりました。お姉ちゃんはとてもうれしそう。「生まれてきたら私がオムツを変えるんだ」と張りきっています。タカシ君も、「絵本を読んであげる!」と楽しみにしていました。

 家族みんなが待ちわびるなか、お腹のなかの子どもは順調に育ちました。そして、男の子であることがわかりました。

 お姉ちゃんは、「どんな名前にしようか」と変わらずうれしそう。でも、なぜかタカシ君は不満そうです。「生まれてこなくてもいいよ」なんて言うこともありました。

 なんでそんなことを言うんだろう。不思議に思ったけれど、想像もつきます。下にきょうだいが、それも自分とおなじ男の子が生まれれば、パパやママが取られちゃう。そう考えたのでしょう。やっぱり甘えん坊だね。大人たちはそう話していました。

 でも、あんなに楽しみにしていたのに、とやっぱり気になって、私はタカシ君に内緒で聞きました。

「ねえ、なんで弟に生まれてきてほしくないの?」

 彼は少し恥ずかしそうに答えました。

「先生に聞いたら、赤ちゃんを生むのって痛いんだって。ママがかわいそうだから……」

 想像もしていなかった言葉。女性に対する姿勢をあらためて教えられました。

 いま、タカシ君は毎日大笑いしながら弟のオムツを換えています。ウンチがクサいことがおもしろくてしかたないようです。         


(埼玉県・会社員・滝丸浩久・37歳)


#滝丸浩久

#創刊準備第5号

#こども

#家族

#きょうだい

#見方を変えれば

4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

コロナ禍でスポーツの初心を思う

今、コロナ禍が、スポーツ環境に大きな影響を及ぼしている。 東京オリンピック・パラリンピックの延期、インターハイ(全国高等学校総合体育大会)や夏の甲子園(全国高等学校野球選手権大会)の中止など、長い歴史のある大会さえも、開催できない状況となっている。 とくにこのコロナ禍の中で引退を迎える選手などは、さぞつらい思いでいることだろう。 私が6年前、アメリカのアトランタで行われた交流大会でエールを送った東