検索
  • グッドニュース新聞編集部

弟なんてほしくない

 私の甥のタカシ君は、小学校四年生。二歳上のお姉さんがいることもあって、甘えん坊です。ママが大好き、パパも大好き。お姉ちゃんとはときどきケンカもするけれど、やっぱり大好きです。すぐ近くにおじいちゃんとおばあちゃんの家もあって、毎日のように遊びに行きます。もちろん、ふたりのことも大好きです。

 そんなタカシ君には、紳士な一面もあります。お父さんは忙しくて家にいることが少なく、ママとお姉ちゃんを守るのは自分の役目。洗濯物を干すときは、ママの下着が外から見えないように内側に並べる。みんなで買い物をした帰りには、いちばん重い袋を持つ。お姉ちゃんが新しい服を着ていたら、必ず褒める。アラフォーの私は、10歳児に「モテる男」の姿を学んでいます。

 今年の一月、ママのお腹のなかに、新しい家族がいることがわかりました。お姉ちゃんはとてもうれしそう。「生まれてきたら私がオムツを変えるんだ」と張りきっています。タカシ君も、「絵本を読んであげる!」と楽しみにしていました。

 家族みんなが待ちわびるなか、お腹のなかの子どもは順調に育ちました。そして、男の子であることがわかりました。

 お姉ちゃんは、「どんな名前にしようか」と変わらずうれしそう。でも、なぜかタカシ君は不満そうです。「生まれてこなくてもいいよ」なんて言うこともありました。

 なんでそんなことを言うんだろう。不思議に思ったけれど、想像もつきます。下にきょうだいが、それも自分とおなじ男の子が生まれれば、パパやママが取られちゃう。そう考えたのでしょう。やっぱり甘えん坊だね。大人たちはそう話していました。

 でも、あんなに楽しみにしていたのに、とやっぱり気になって、私はタカシ君に内緒で聞きました。

「ねえ、なんで弟に生まれてきてほしくないの?」

 彼は少し恥ずかしそうに答えました。

「先生に聞いたら、赤ちゃんを生むのって痛いんだって。ママがかわいそうだから……」

 想像もしていなかった言葉。女性に対する姿勢をあらためて教えられました。

 いま、タカシ君は毎日大笑いしながら弟のオムツを換えています。ウンチがクサいことがおもしろくてしかたないようです。         


(埼玉県・会社員・滝丸浩久・37歳)


#滝丸浩久

#創刊準備第5号

#こども

#家族

#きょうだい

#見方を変えれば

4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

本にふれる機会を

いつもご愛読、ご寄稿のほど、誠にありがとうございます。『グッドニュース新聞』事務局員のHです。 本紙発行元のフローラル出版と同グループ内に、BRCという会社があります。常日頃は、おもに本屋さんが取引先の会社なので、業界の方でもないかぎり、名前すらご存じないに違いありません。その会社のメンバーのひとりM君が、ある日、ある思いに至りました。 新型コロナウイルス騒動で人々の気持ちがふさぎがちな、そんない

最後の授業

新型コロナウイルスの影響で、みなさんの社会生活にも、甚大な影響が出ていることかと思います。 私は校長となってこれまで、卒業式を翌日に控えた六年生に向けて、体育館で最後の授業をしてきました。 「――みなさん、明日はいよいよ卒業式です。育ててくださった方々への感謝の気持ちを込めて、明日は素敵な卒業式にしましょうね。 さて、みなさんの将来の夢はなんでしょう? 実は、夢は大きければ大きいほど叶いやすい、と

  • Facebookの社会的なアイコン
  • LINE_APP
  • Twitterの社会のアイコン
logo_mini.jpg

©2020 合同会社グッドニュース新聞社