検索
  • グッドニュース新聞編集部

日本の教育はすごい!

 ここ最近は、世間からネガティブな視線を向けられがちな日本の教育制度。もちろん、猛スピードで変化していく時代に、対応を迫られる部分が山積しているのも事実です。でも、そう悪いことばかりではないのですよ。

 さて、みなさん、エジプトといえば何を連想されますか? ほとんどの方は、ピラミッドやスフィンクスを真っ先に思い浮かべますよね。このエジプトと日本に、「教育」というキーワードで深い結びつきがあることは、実はほとんど知られていません。

 近年、エジプトは経済成長が目覚ましく、それにともない子どもの数もすごく増えていて、毎日1校のペースで学校が建設されているとも言われています。その教育現場で強く意識されていることこそが、規律や礼儀正しさ、協調性などを重んじる日本教育です。敗戦の焼け野原から見事に復興し、先進国へと成長した日本とそれを可能にした日本教育に対して、エジプト国民は深い尊敬心を抱いているのです。

 さらに日本では、国語や算数といった基本科目だけではなく、文化祭や運動会をはじめとする学校行事が盛んですよね。自分の意見を主張し、他者の意見を尊重する考えを養うための教育の一環として、日本に倣い、そういった課外活動が積極的に導入されているようです。

 エジプトでは「歩くコーラン」とも評される日本人の在り方。わたしたちはもっと自信を持っていいのだと背中を押されるニュースですね。


(世界を知るGNP記者・石田和靖・48歳)


#石田和靖

#創刊準備第3号

#海外

#教育



1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

コロナ禍でスポーツの初心を思う

今、コロナ禍が、スポーツ環境に大きな影響を及ぼしている。 東京オリンピック・パラリンピックの延期、インターハイ(全国高等学校総合体育大会)や夏の甲子園(全国高等学校野球選手権大会)の中止など、長い歴史のある大会さえも、開催できない状況となっている。 とくにこのコロナ禍の中で引退を迎える選手などは、さぞつらい思いでいることだろう。 私が6年前、アメリカのアトランタで行われた交流大会でエールを送った東