検索
  • グッドニュース新聞編集部

明るい未来へ

 私は今年、大学をやめました。

 理由のひとつは経済的なものです。家庭の事情で、バイトをしながら大学に通い、家賃や生活費すべてを自分で払っていました。そんな生活が二年続き、これ以上は無理だと思ってしまったのです。

 もうひとつの理由は、働きたい場所が見つかったからです。二年生の秋頃、いま働いている会社の社長さんと出会い、そこでアルバイトとして働かせてもらうことになったのです。学業の合間のわずかな時間でしたが、並行して働くうちに、大学の授業よりも仕事を優先したいと思うようになり、退学を決断しました。そのとき、まわりからは、「もったいない」

「何かやりたいことが決まったの?」と言われました。私はその問いに100%の回答を返せたわけではありません。

 でも、もったいないかと言われれば、私はそうは思いませんでした。もったいないかどうかは、自分の行動によるからです。ただ卒業を待つ二年よりも、いろんなことを経験して学ぶ二年のほうが、確実に成長できるし、私はそんな生き方がしたいと思いました。何かやりたいことが決まったかと言われれば、まだわからないというのが事実です。それでも、自分のやりたいことを探し、行動することをサポートしてくれる会社だったからこそ、この決断ができたのだと思います。

 こうして私は大学をやめましたが、今後ひとつの課題を設定しています。それは、大学では学べないことを学び、経験し、自分の価値を上げていくことです。大学をやめるという、まわりの人がなかなか体験できないことをしたのなら、それがマイナスではなく、プラスになるような行動をしていきたいと思います。きっと簡単なことではないし、困難もたくさんあるはずです。でも、自分の人生を素敵なものにするために、私は今日も前向きに生きていきたいと思います。


(東京都・社会人一年生・あすか・20歳)


#あすか

#創刊第1号

#転機

#将来

#決断

#生き方


8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

コロナ禍でスポーツの初心を思う

今、コロナ禍が、スポーツ環境に大きな影響を及ぼしている。 東京オリンピック・パラリンピックの延期、インターハイ(全国高等学校総合体育大会)や夏の甲子園(全国高等学校野球選手権大会)の中止など、長い歴史のある大会さえも、開催できない状況となっている。 とくにこのコロナ禍の中で引退を迎える選手などは、さぞつらい思いでいることだろう。 私が6年前、アメリカのアトランタで行われた交流大会でエールを送った東