検索
  • グッドニュース新聞編集部

春空のリレー

 雲ひとつなく澄みわたった東員町では、見上げた空に満天の星が輝いています。時には流れ星も見ることができます。二月から三月にかけての時期は、夜明け前のブルーアワーと、薄っすら横たわる天の川を同時に楽しむことができます。光害はあるものの、家からすぐそばで繰り広げられるこれだけの天体ショーは、広い空と豊かな自然があればこそです。

 夜から朝への空のリレーは、それはそれは美しく、ゆっくりそして着実に変化していきます。夜の黒から深いブルーに変わると、やがて濃いオレンジ色が下方から広がり、見るみるあたたかな太陽の光が注いで、あたり一面はあけぼの色に――。

 時をおなじくして、街は徐々に動きだします。スズメが鳴いて、ぐっと冷え込み、霜が降り、早朝散歩の方どうしがおはようのあいさつを交わす頃、最後まで輝いていた星と入れ替わるように力強い朝日がのぼるのです。

 毎日くり返される朝。

 夜が明けて、朝が来ること。

 そんな時間とじっくり向き合うと、ごくあたりまえの日常が、とても特別なものに感じられます。二度と来ない「今日」という日がはじまる瞬間は、体も気持ちも引き締まり、よしっ、今日もがんばろう、と力がわいてくるのです。

 季節はいよいよ春本番です。

 空もやさしい春霞。今年は、桜の便りが早そうですね。日本がいちばん美しく輝く桜の季節、楽しみましょう!


(東員町・カメラマン・鈴木歩・39歳)


#鈴木歩

#創刊第1号

#東員町

#季節

#風景

#自然

#日常


8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

コロナ禍でスポーツの初心を思う

今、コロナ禍が、スポーツ環境に大きな影響を及ぼしている。 東京オリンピック・パラリンピックの延期、インターハイ(全国高等学校総合体育大会)や夏の甲子園(全国高等学校野球選手権大会)の中止など、長い歴史のある大会さえも、開催できない状況となっている。 とくにこのコロナ禍の中で引退を迎える選手などは、さぞつらい思いでいることだろう。 私が6年前、アメリカのアトランタで行われた交流大会でエールを送った東