検索
  • グッドニュース新聞編集部

春空のリレー

 雲ひとつなく澄みわたった東員町では、見上げた空に満天の星が輝いています。時には流れ星も見ることができます。二月から三月にかけての時期は、夜明け前のブルーアワーと、薄っすら横たわる天の川を同時に楽しむことができます。光害はあるものの、家からすぐそばで繰り広げられるこれだけの天体ショーは、広い空と豊かな自然があればこそです。

 夜から朝への空のリレーは、それはそれは美しく、ゆっくりそして着実に変化していきます。夜の黒から深いブルーに変わると、やがて濃いオレンジ色が下方から広がり、見るみるあたたかな太陽の光が注いで、あたり一面はあけぼの色に――。

 時をおなじくして、街は徐々に動きだします。スズメが鳴いて、ぐっと冷え込み、霜が降り、早朝散歩の方どうしがおはようのあいさつを交わす頃、最後まで輝いていた星と入れ替わるように力強い朝日がのぼるのです。

 毎日くり返される朝。

 夜が明けて、朝が来ること。

 そんな時間とじっくり向き合うと、ごくあたりまえの日常が、とても特別なものに感じられます。二度と来ない「今日」という日がはじまる瞬間は、体も気持ちも引き締まり、よしっ、今日もがんばろう、と力がわいてくるのです。

 季節はいよいよ春本番です。

 空もやさしい春霞。今年は、桜の便りが早そうですね。日本がいちばん美しく輝く桜の季節、楽しみましょう!


(東員町・カメラマン・鈴木歩・39歳)


#鈴木歩

#創刊第1号

#東員町

#季節

#風景

#自然

#日常


7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

本にふれる機会を

いつもご愛読、ご寄稿のほど、誠にありがとうございます。『グッドニュース新聞』事務局員のHです。 本紙発行元のフローラル出版と同グループ内に、BRCという会社があります。常日頃は、おもに本屋さんが取引先の会社なので、業界の方でもないかぎり、名前すらご存じないに違いありません。その会社のメンバーのひとりM君が、ある日、ある思いに至りました。 新型コロナウイルス騒動で人々の気持ちがふさぎがちな、そんない

最後の授業

新型コロナウイルスの影響で、みなさんの社会生活にも、甚大な影響が出ていることかと思います。 私は校長となってこれまで、卒業式を翌日に控えた六年生に向けて、体育館で最後の授業をしてきました。 「――みなさん、明日はいよいよ卒業式です。育ててくださった方々への感謝の気持ちを込めて、明日は素敵な卒業式にしましょうね。 さて、みなさんの将来の夢はなんでしょう? 実は、夢は大きければ大きいほど叶いやすい、と

  • Facebookの社会的なアイコン
  • LINE_APP
  • Twitterの社会のアイコン
logo_mini.jpg

©2020 合同会社グッドニュース新聞社