検索
  • グッドニュース新聞編集部

本にふれる機会を

 いつもご愛読、ご寄稿のほど、誠にありがとうございます。『グッドニュース新聞』事務局員のHです。

 本紙発行元のフローラル出版と同グループ内に、BRCという会社があります。常日頃は、おもに本屋さんが取引先の会社なので、業界の方でもないかぎり、名前すらご存じないに違いありません。その会社のメンバーのひとりM君が、ある日、ある思いに至りました。

 新型コロナウイルス騒動で人々の気持ちがふさぎがちな、そんないまだからこそ、子どもたちが本にふれる機会にしたい――。

 世界的な自粛の流れにともない、学校は休校となり、子どもたちはいま、家にいることを強いられています。本を読みたくても、図書館は閉鎖に追い込まれ、本屋さんにだって気軽にはいけません。子どもたちのために何かしてあげられることはないか。お母さんが家事の合間にお子さんに本を読み聞かせたり、お子さんが読んだ本の内容をお父さんに話してみたり、そんなふうにして、決して楽しいとは言えないこの期間を、少しでも素敵な思い出で彩ることができたなら――。

 思い立ったM君は、まず会社に相談しました。こういった思いで、こんなことがしたい! ついては予算の承認を!

 代表はひと言、「すぐにとりかかって」と言ったそうです。

 そこからは行動あるのみ。馴染みの書店員さんのもとに相談にいきました。M君には子どもがいるので絵本は読むらしいのですが、やはり門外漢です。本の選択はプロにおまかせしたい。予算をお伝えし、選書と郵送の手配をお願いすると、快くご承諾いただいたそうです。

 次は、どこにプレゼントするのがいいのか。『グッドニュース新聞』でつながりのあった東員町教育長にご相談したところ、こちらも想いにご賛同いただき、すぐに受け入れの手配を進めてくださったそうです。

 みなさまのご協力によって話はトントン拍子に進み、晴れて3月30日、東員町教育委員会への絵本の寄贈が行われました。こんな暗い時期だからこそ、人々のやさしさが輝いて思えた、そうM君はふり返ります。

 本を手にした子どもたちが、ひとりでも多く笑顔になりますように。


(『グッドニュース新聞』事務局)


#グッドニュース新聞事務局

#創刊第2号

#こども

#東員町

#文化

#つながり

#プレゼント

7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

コロナ禍でスポーツの初心を思う

今、コロナ禍が、スポーツ環境に大きな影響を及ぼしている。 東京オリンピック・パラリンピックの延期、インターハイ(全国高等学校総合体育大会)や夏の甲子園(全国高等学校野球選手権大会)の中止など、長い歴史のある大会さえも、開催できない状況となっている。 とくにこのコロナ禍の中で引退を迎える選手などは、さぞつらい思いでいることだろう。 私が6年前、アメリカのアトランタで行われた交流大会でエールを送った東