検索
  • グッドニュース新聞編集部

校長ポスト ~心の距離を縮める手書き文字~

 子どもたちの不安を解消し、校長との心の距離を縮めるために、校長室の前に校長ポストを置きました。が、最初はまったく反応がありませんでした。

 ある日、子どもたちに、「なぜ、だれもお手紙を書いてくれないのかなあ?」とたずねると、「だって、どの紙にどんなこと書いたらいいのか、わかんないもん」との声が返ってきました。

 そこで、ひと工夫することに。次の月曜日の朝会で、「校長先生ポストの横に、お手紙を書くための用紙と鉛筆を用意しました。それを使って、校長先生に聞いてみたいことや学校でしてほしいことなど、なんでも気軽に書いてください。楽しみにしていますね」と呼びかけました。

 すると、少しずつ手紙がポストに届くようになりました。1年生からは、「おにごっこをしてください」。2年生からは、「こんど、ドッジボールをいっしょにやってください」などのリクエストがあり、時間を見つけて子どもたちと一緒に汗をかきました。3年生からは、「学級新聞ができました。あげます」と、上から目線の手紙とともに、イラストつきのかわいらしい新聞が届きました。

 手紙の返事は、必ず教室へ出向いて、「○○さ~ん、お手紙ありがとう! お返事に来ましたよ!」と、本人に直接口頭で回答しました。すると、この様子を見ていた周囲の子どもたちは、こぞって校長ポストに手紙を投函してくれるようになります。

 しかし、時には、「○○さんから、いじわるされて悩んでいます」のような相談もあり、そんな時にはすぐに学級担任につないだり、直接校長が話を聞いたりして解決に向け、取り組みました。このような深刻な相談が多くなるのではと心配しましたが、実際には、全体の1割以下です。

 その後も子どもたちの校長ポストへの投函は続きました。「夏休みの読書感想文の宿題をなくしてください」、「うさぎとねことハムスターをがっこうでかいたいです」、「ハロウィンパーティーしますから、ぼくのクラスに来てください」、「毎朝、校門で校長先生とハイタッチすると元気がでます。ありがとうございます」。

 校長ポストを通して、子どもたちとの間に絆が生まれ、心の距離がグッと近くなりました。本当は伝えたいけど直接言えないことも、文字にすると、素直に伝えることができます。メールやLINEでのやりとりに慣れた時代からこそ、手書きの文字には深い意味があります。

 もし、あなたにも気持ちを伝えたい人がいるなら、久しぶりにペンを手にとってみてはいかがでしょうか。


(絶好調な校長・60歳)


#絶好調な校長

#創刊準備第2号

#こども

#学校

4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
  • Facebookの社会的なアイコン
  • LINE_APP
  • Twitterの社会のアイコン
logo_mini.jpg

©2020 合同会社グッドニュース新聞社