検索
  • グッドニュース新聞編集部

毎日が自由研究!

 こんなに長い時間を家で過ごすことって、いままであったでしょうか。

 退屈まぎれに庭を観察していると、みるみる生い茂っていく雑草の生命力に目を奪われました。昨日はなかったはずの芽が出ているのを見つけたり、「あれ? タンポポって夕方になるとしぼむんだ?」なんてことに気づいたりもしました。

 これまでいまいち自信のなかった、よもぎの区別もつくようになったので、新芽だけを摘んで自家製よもぎ餅をつくりました。

 朝採れ、つくりたては最高でした!

 スギナを煎じて飲むとよいとも聞いていたので――時間はたっぷりありますし、つくってみました! クセがなく香ばしくて美味しかったです。ただ、家族はお気に召さず飲みませんでしたが……。

 どうしても家族にスギナを飲んでもらいたい。そんな想いから、自分の遊び心に火がつきました。ガチャガチャ、と台所で研究がはじまります。

 ミキサーで粉末にしたところ、たちまち抹茶の香りが漂ったので、「そうだ、お抹茶をたてよう!」なんてやってみたら……チーン。ただ粉末が浮くだけでした。それなら、ふりかけをつくろうと思って試してみても、枝みたいなのが残ってうまくいきませんでした。すり鉢がほしいと思いました。

 散らかった台所を見た家族が、「いろいろやったんだね」と、ひと言。結局、何もうまくいかなかったんですけど、とっても楽しかったです。子どものときにワクワクしながらやった、おままごとを思いだしました。

 いまも研究はつづいています。たんぽぽの根でのコーヒーづくり、野草の天ぷら、パスタ、ピザ、クッキー、草木染め――。相変わらず失敗もしますが、心の栄養は満タンであふれるほどです。豊かな時間をありがとう。


(千葉県・チクチクサロンたまむしオーナー・荻野神奈・38歳)


#荻野神奈

#創刊第4号

#ステイホーム

#暮らし

#食べもの

#アイデア

6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

コロナ禍でスポーツの初心を思う

今、コロナ禍が、スポーツ環境に大きな影響を及ぼしている。 東京オリンピック・パラリンピックの延期、インターハイ(全国高等学校総合体育大会)や夏の甲子園(全国高等学校野球選手権大会)の中止など、長い歴史のある大会さえも、開催できない状況となっている。 とくにこのコロナ禍の中で引退を迎える選手などは、さぞつらい思いでいることだろう。 私が6年前、アメリカのアトランタで行われた交流大会でエールを送った東