検索
  • グッドニュース新聞編集部

海苔の香りが苦手? ~文化の違いを超えて~

 娘は小学校2年生の頃、私の海外赴任に同行しました。アメリカに行くというワクワクと友だちから離れる寂しさで、複雑な心境だったと思います。

 海外子女の受け入れをきちんとしている地域で、学校ごとにサポート言語が割り振られ、小学校に日本語サポートがいる、ありがたい環境で楽しく過ごしてました。ところが、サポートから卒業し、近所に転校した頃、事件は起こりました。

 小学校はお弁当持参です。アメリカの小学校のお弁当というと、ハムサンドやピザにフルーツと決まっていました。娘も普段はそうだったのですが、お腹が空くからお昼におにぎりが食べたいと言いだし、それならと妻も喜んでお米を握り、海苔もつけて持たせたのですが、その日、帰ってくるなり大泣きしたそうです。

 聞いてみると、給食の時間、楽しみにしていたおにぎりを食べようとしたら、隣の仲良しの子に“STINKY!!”くさいっ!! と叫ばれたのです。

 そう、日本の海苔の香りは、内陸育ちのアメリカ人にとっては、今まで嗅いだことのない、単なるくさい匂いでしかなかったのです。泣く泣く袋を閉じた娘を見て先生は、「こっちにおいで」とやさしく声をかけてくださり、他の人の臭わない場所で食べさせてくれたそうです。

 STINKYと叫んでしまった子も、悪気はなかったようで、後日、深刻な顔をして家まで謝りに来ました。もちろんその子とはちゃんと仲直りして、残りの学校生活を楽しく過ごしました。

 文化の差ってありますが、その差を良し悪しではなく、単なる違いとして受け止められる社会って良いなと思いました。日本も、世界も、そうなりたいです。


(東京都・会社員・ロビン・53歳)


#ロビン

#創刊準備第2号

#こども

#海外

#学校

#暮らし

#文化

#食べもの

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

本にふれる機会を

いつもご愛読、ご寄稿のほど、誠にありがとうございます。『グッドニュース新聞』事務局員のHです。 本紙発行元のフローラル出版と同グループ内に、BRCという会社があります。常日頃は、おもに本屋さんが取引先の会社なので、業界の方でもないかぎり、名前すらご存じないに違いありません。その会社のメンバーのひとりM君が、ある日、ある思いに至りました。 新型コロナウイルス騒動で人々の気持ちがふさぎがちな、そんない

最後の授業

新型コロナウイルスの影響で、みなさんの社会生活にも、甚大な影響が出ていることかと思います。 私は校長となってこれまで、卒業式を翌日に控えた六年生に向けて、体育館で最後の授業をしてきました。 「――みなさん、明日はいよいよ卒業式です。育ててくださった方々への感謝の気持ちを込めて、明日は素敵な卒業式にしましょうね。 さて、みなさんの将来の夢はなんでしょう? 実は、夢は大きければ大きいほど叶いやすい、と

  • Facebookの社会的なアイコン
  • LINE_APP
  • Twitterの社会のアイコン
logo_mini.jpg

©2020 合同会社グッドニュース新聞社