検索
  • グッドニュース新聞編集部

生きる楽しみは細部に宿る!?

 学生時代にほんの少しだけデッサンの時間があって、絵を描くのが好きだなと気づきました。可愛い野花や、絹さやの筋をとったその筋がクルンとなっているのを見ると、やはり可愛くて絵に残しておきたくなります。

 なかなか時間がない。そうあきらめがちですが、つくればある! 時間はだれにでも平等に分け与えられていますからね。なるべく毎日描こうと決めてはじめました。 

 続けてみると、3日目にして気づきがありました。ふと、洗濯ものをたたむとき、もうちょっと丁寧にたたんであげたいな、と思えるようになったのです。以前は、できればチャチャっとたたんでしまいたいと、効率ばかり考えていました。

 それなのにいつのまにか、洗濯ものをたたむのが楽しみになっていてびっくりです。植物をスケッチするときに細部まで見るので、意識がすみずみにまで行き届くようになり、それが家事にも反映されたのでしょうか。

 また、生きる楽しみが増えてしまいました。


(千葉県・チクチクサロンたまむしオーナー・荻野神奈・38歳)


#荻野神奈

#創刊準備第6号

#暮らし

#趣味

#気づき


7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

コロナ禍でスポーツの初心を思う

今、コロナ禍が、スポーツ環境に大きな影響を及ぼしている。 東京オリンピック・パラリンピックの延期、インターハイ(全国高等学校総合体育大会)や夏の甲子園(全国高等学校野球選手権大会)の中止など、長い歴史のある大会さえも、開催できない状況となっている。 とくにこのコロナ禍の中で引退を迎える選手などは、さぞつらい思いでいることだろう。 私が6年前、アメリカのアトランタで行われた交流大会でエールを送った東