検索
  • グッドニュース新聞編集部

素晴らしき哉、人生!

 秋晴れの日の午後、東員町内にある中部公園にふらりと立ち寄りました。

 久しぶりに訪れたその場所は、秋一色に染まっていました。

 公園内を歩いていると、足元にはたくさんの落ち葉が、歩くたびにサクサク。見上げると風が吹くたびに舞う秋色の葉っぱがはらはら。背中を照らす日光はあたたかく、そこにいるだけで秋深まる美しさに心も体も包まれて――。

 落ち葉の小路をのんびり散歩する人の姿や、挨拶を交わす声、仲間どうしでゲートボールを楽しむ方々のとても穏やかな表情に、こちらの心も和みます。

 身近で見つけた秋は、あらためて地元の素晴らしさに気づかせてくれます。何気なくいつも見ている景色が、いろんな表情をのぞかせ、その春夏秋冬、季節の移ろいを感じるたびに東員町が好きになります。

 中部公園では、1年を通してさまざまなイベントを開催しています。東員マルシェ、テテットマーケット、商工祭や東員グルメ&スイーツ秋祭りなど、楽しいイベントが盛りだくさんです。大型遊具や広い芝生スペースがあり、私も子どもたちが小さい頃には、本当によく遊びに来ました。授乳室やおむつ替えスペース、多目的トイレを完備しているので、小さなお子さまがいる方でも安心です。

 季節を感じながら、ピクニック気分で訪れてみてはいかがでしょうか。


(東員町・カメラマン・鈴木歩・39歳)


#鈴木歩

#創刊準備第4号

#東員町

#自然

#風景

#植物

#季節


4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

コロナ禍でスポーツの初心を思う

今、コロナ禍が、スポーツ環境に大きな影響を及ぼしている。 東京オリンピック・パラリンピックの延期、インターハイ(全国高等学校総合体育大会)や夏の甲子園(全国高等学校野球選手権大会)の中止など、長い歴史のある大会さえも、開催できない状況となっている。 とくにこのコロナ禍の中で引退を迎える選手などは、さぞつらい思いでいることだろう。 私が6年前、アメリカのアトランタで行われた交流大会でエールを送った東