検索
  • グッドニュース新聞編集部

絵画が観られる役場

 私は、役場を訪れていただいた方と顔を合わせた際には、必ず声をおかけするようにしています。

 先日、廊下に集まっていた女性数名に声をおかけしたところ、「私たち、この絵を観にきたんです。いいですね」とおっしゃっていました。

 この女性たちの半分は町外の方で、なかには、わざわざ少し遠方から訪れた方もいらっしゃいました。

 東員町では、一昨年から廊下の空きスペースに、東員町在住の洋画家・石垣定哉さんのミニギャラリーを設置しています。素晴らしい絵画を展示することで、役場を訪れる方々にお楽しみいただければと思っております。

 役場という乾燥した場所が、少しでも潤いのある場所になってほしい。訪れるみなさんが笑顔になれる場所であってほしい。そんな願いを込めて……。


(三重県東員町長・水谷俊郎・67歳)


#水谷俊郎

#創刊準備第6号

#東員町

#文化

#芸術

#笑顔



6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

コロナ禍でスポーツの初心を思う

今、コロナ禍が、スポーツ環境に大きな影響を及ぼしている。 東京オリンピック・パラリンピックの延期、インターハイ(全国高等学校総合体育大会)や夏の甲子園(全国高等学校野球選手権大会)の中止など、長い歴史のある大会さえも、開催できない状況となっている。 とくにこのコロナ禍の中で引退を迎える選手などは、さぞつらい思いでいることだろう。 私が6年前、アメリカのアトランタで行われた交流大会でエールを送った東