検索
  • グッドニュース新聞編集部

頼れる復旧作業員

更新日:2020年10月7日

 台風15号は猛烈な勢力を保ったまま、未明に関東地方を直撃した。

 私が住んでいる神奈川県横浜市でも堤防の倒壊、工事現場の足場の崩落、トンネル出口の土砂崩れなどが発生し、各地に大きな爪痕を残した。

 4歳の息子が通う保育園でもプールのカバーが飛ばされ、園を囲っているフェンスが曲がるなどの被害を受けた。いつも遊んでいる保育園の隣にある公園の木はなぎ倒され、ブランコに覆いかぶさっていた。ブランコを支える鉄は木の重さで曲がっていた。子どもたちが遊んでいたらと思うとゾッとする。

 それぞれの場所で復旧作業が進められていたが、先の公園でも小さな作業員二人による復旧作業が進められていた。いつも遊ぶ公園が、台風によって木の枝や葉が散乱し、とても遊べる状態ではない。そこで息子と友だちはホウキを片手に公園の復旧作業を始めた。彼らにとって公園はライフライン同然である。台風一過の青空の下、二人は楽しそうに掃除を行なっていた。

 小さな作業員によるささやかな復旧作業であったが、着実に前に進む力強さと頼もしさを感じた。


(神奈川県・公務員・マサル・36歳)


#マサル

#創刊準備第2号

#こども





8回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

コロナ禍でスポーツの初心を思う

今、コロナ禍が、スポーツ環境に大きな影響を及ぼしている。 東京オリンピック・パラリンピックの延期、インターハイ(全国高等学校総合体育大会)や夏の甲子園(全国高等学校野球選手権大会)の中止など、長い歴史のある大会さえも、開催できない状況となっている。 とくにこのコロナ禍の中で引退を迎える選手などは、さぞつらい思いでいることだろう。 私が6年前、アメリカのアトランタで行われた交流大会でエールを送った東