検索
  • グッドニュース新聞編集部

24時間カート耐久レース

最終更新: 2020年10月7日

 ニュルブルクリンクの24時間レースが脚光を浴びているが、日本でも24時間耐久イベントがある。

 愛知県にある幸田サーキットYRP桐山で開催された「ル・マン ファイブ24時間耐久ダンロップゲームズ」。レンタルカートで24時間走り、ゴールしたすべてのチームが勝者となるイベントだ。今年は全国から40チームが参加。台風10号が近づく8月14日、サーキットは200名を超す参加・関係者の熱気で溢れた。

 そして当日の14時、40台一斉スタートで24時間の戦いが始まった。

 今年はスバル・STIの呼びかけで、メーカーの枠を超えニッサン・ホンダからモータースポーツ好きが集結、チームジャパンとして参戦。日頃のライバル関係を忘れ、車・レース好きの血が共鳴していた。

 スタート直後、台風の影響で豪雨が襲う。スリックタイヤでは滑るし止まらないが、ドライバーたちはマシンをねじ伏せ、川のように流れ池のようになったコースを、文字通りずぶ濡れになり走り抜けた。私もここで走ったが、心から楽しむことができた。

 赤旗中断含め、何回かの豪雨中断はあったものの、全40チームが24時間を走り抜けハイタッチで参加者全員に迎え入れられた。

 その後、チームジャパンは打ち上げでも騒ぎ続けていた。


(東京都・プロデューサー高橋・55歳)


#プロデューサー高橋

#創刊準備第1号

#イベント





11回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

コロナ禍でスポーツの初心を思う

今、コロナ禍が、スポーツ環境に大きな影響を及ぼしている。 東京オリンピック・パラリンピックの延期、インターハイ(全国高等学校総合体育大会)や夏の甲子園(全国高等学校野球選手権大会)の中止など、長い歴史のある大会さえも、開催できない状況となっている。 とくにこのコロナ禍の中で引退を迎える選手などは、さぞつらい思いでいることだろう。 私が6年前、アメリカのアトランタで行われた交流大会でエールを送った東