検索
  • グッドニュース新聞編集部

33人分のお参り

 去年の3月、中学三年生の孫が高校合格の報告にきてくれたときの話です。

「おばあちゃん、お多賀さん(多賀大社)にお礼参りにつれていってほしい」と頼まれました。その日は、雪がちらつく冷え込んだ日だったこともあり、「今日は寒いから、もっとお天気の良い日におばあちゃんがお参りしてきてあげるよ」と言いました。ところが孫は、「今日、自分で行きたいんだ」と頑なです。願いを断りきれず、しかたなく多賀大社に行くことになりました。

 向かう途中、孫は自分の財布から数枚のお札を取りだし、封筒にしまっていました。「それをどうするの?」と問うと、「僕がクラスでいちばん早く合格が決まった。ほかの人はまだ決まっていないから、クラスメイト33人分の合格祈願をしたい。ひとり100円ずつのお賽銭でみんなの合格をお願いするんだ」と言いました。

 まだお小遣いの少ない中学生が、クラスメイトのためと思い、3300円も使おうとしていました。今日、お参りに行きたかった理由はこれだったのです。あのとき、寒いからと断っていたら、この子の思いを無視するところでした。

 33人分のお参りをした帰り道、「このこと、クラスの子たちは知っているの?」と聞いてみました。

「知らないよ。僕が勝手にやってるんだもん」

 雪雲のすきまから見えた太陽の光と、孫の屈託のない笑顔は、私にとってかけがえのない思い出です。


(滋賀県・至楽庵)


#至楽庵

#創刊第1号

#家族

#学生

#友だち

#思いやり

#寺社仏閣


5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

コロナ禍でスポーツの初心を思う

今、コロナ禍が、スポーツ環境に大きな影響を及ぼしている。 東京オリンピック・パラリンピックの延期、インターハイ(全国高等学校総合体育大会)や夏の甲子園(全国高等学校野球選手権大会)の中止など、長い歴史のある大会さえも、開催できない状況となっている。 とくにこのコロナ禍の中で引退を迎える選手などは、さぞつらい思いでいることだろう。 私が6年前、アメリカのアトランタで行われた交流大会でエールを送った東