検索
  • グッドニュース新聞編集部

80歳、スマートフォンへの挑戦

 もうすぐ、80歳になる私の父が、とうとう携帯電話をスマートフォンに変えました。

 いままで使っていた携帯電話が壊れたので、お店に相談に行ったら、もうスマートフォンにするしかないと言われて、しかたなく購入したようです。

 お店の人からは、スマートフォンの操作はそれほどむずかしくないと言われたらしいのですが、それを信じたばっかりに、じつは大変なことになったのです。

 さて、いざ使おうしたものの、どうしたらいいのかさっぱりわからず、操作に慣れている娘や孫たちも近くに住んでいないので、手とり足とり教えることができません。

 結局、携帯電話会社の電話サポートを受けながら、約1か月もかかってどうにか使えるようになってきました。

 こうしたおじいちゃんの奮闘のおかげで、なんとLINEのグループをつくることができたのです。

 普段離れて住んでいるので、それほど交流もなかった私と妹、さらには孫たちみんなで、連絡をとったり、写真を送ったり、ビデオ電話で話したり、楽しい交流ができるようなりました。

 今回ばかりは、歳をとっても新しいことに忍耐強く挑戦してくれた父に感謝です。


(千葉県・主婦・ハッピーおばさん・56歳)


#ハッピーおばさん

#創刊第3号

#家族

#暮らし

#つながり

7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

コロナ禍でスポーツの初心を思う

今、コロナ禍が、スポーツ環境に大きな影響を及ぼしている。 東京オリンピック・パラリンピックの延期、インターハイ(全国高等学校総合体育大会)や夏の甲子園(全国高等学校野球選手権大会)の中止など、長い歴史のある大会さえも、開催できない状況となっている。 とくにこのコロナ禍の中で引退を迎える選手などは、さぞつらい思いでいることだろう。 私が6年前、アメリカのアトランタで行われた交流大会でエールを送った東