検索
  • グッドニュース新聞編集部

91歳からパワーをいただく

 東員町では、年末の風物詩として「日本語で歌う第九演奏会」を、平成元年から毎年続けています。作詞家のなかにし礼さんがオリジナルに作詞したもので、東員町からその後、鎌倉市や小浜市、亀山市などへも広がっています。

 毎年100人ほど集うこの演奏会も、今年は31回目を迎えましたが、メンバーの中でひときわ輝いているのが、創設メンバーのひとりであり、91歳最高齢で参加されている池田文夫さんです。

 池田さんは、90歳を超えているとは思えない若々しい方で、今でもいろいろなことに取り組んでいます。書道、陶芸など、趣味の世界では相当の腕前です。そのほかボランティア活動にも熱心で、独り暮らしの高齢者宅に手作り弁当を届ける「わくわくボランティア」の代表を務めており、歳下の高齢者に弁当を届けています。

「書道は精神修養につながり、陶芸は焼きあがるまでどうなるかわからない楽しさがある。奥が深くてとても面白い。第九はいつも必ず感動がある。元気に続けてこられたのは、日々動いているからかな」と、池田さんは言います。

 暇があれば畑仕事をして、収穫した野菜などは弁当で使っているそうです。

 地域の人と交流することで元気をもらっているという池田さん。私たちは、いつもこのパワフルな91歳から大きな刺激と笑顔をもらっています。  


(三重県東員町長・水谷俊郎・67歳)


#水谷俊郎

#創刊準備第4号

#東員町

#日本の第九

#地域

#ボランティア

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

コロナ禍でスポーツの初心を思う

今、コロナ禍が、スポーツ環境に大きな影響を及ぼしている。 東京オリンピック・パラリンピックの延期、インターハイ(全国高等学校総合体育大会)や夏の甲子園(全国高等学校野球選手権大会)の中止など、長い歴史のある大会さえも、開催できない状況となっている。 とくにこのコロナ禍の中で引退を迎える選手などは、さぞつらい思いでいることだろう。 私が6年前、アメリカのアトランタで行われた交流大会でエールを送った東