検索
  • グッドニュース新聞編集部

編集後記

「良い気分」と「悪い気分」の時では、作業効率や能力の違いにどれほどの差があるのだろうか。かなりのものだと推測する。

 将来、それを計る装置ができて、低い場合は、自動的にリフレッシュ休暇を申請してくれたりして、なんて空想したのだが、申請書の原因欄に「自業自得」とプリントされるところまで想像したら、ひとり笑ってしまった。

 私の場合、舞台の脚本、作詞、作曲活動に関しては0か100ほど効率が違う。「良い気分」からは「感謝」や「アイデア」が生まれ、「悪い気分」からは「言い訳」や「焦り」が膨らむ。

 かなり大雑把に言うと、「良い気分の人」がたくさんいれば、社会はより良くなるのである。

 グッドニュース創刊号にご寄稿いただいた記事は、私自身の気分をグンと引き上げていただいた。良い気分の方が記事を寄せ、読んだ方がまた良い気分になる。そんな小さな連鎖を東員から発信していきたい。

 たくさんの記者登録、ご寄稿を心よりお待ちしております。


(本紙編集長・野村幸廣・54歳)


#野村幸廣

#創刊準備第2号

4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

コロナ禍でスポーツの初心を思う

今、コロナ禍が、スポーツ環境に大きな影響を及ぼしている。 東京オリンピック・パラリンピックの延期、インターハイ(全国高等学校総合体育大会)や夏の甲子園(全国高等学校野球選手権大会)の中止など、長い歴史のある大会さえも、開催できない状況となっている。 とくにこのコロナ禍の中で引退を迎える選手などは、さぞつらい思いでいることだろう。 私が6年前、アメリカのアトランタで行われた交流大会でエールを送った東