検索
  • グッドニュース新聞編集部

花鳥風月

 花鳥風月――。美しいと感じるものは、花から鳥、風、そして月へと、歳をかさねるごとに移りゆくと聞いたことがあります。

 当時、同居していた祖母が介護施設に入り、体調も落ちついていた頃のことです。自宅の電話が鳴り、出たところ聞きおぼえのある声がしました。祖母でした。

「今日の月は見た? すごくきれいよ」

 庭に出て空を見上げると、夜空に、それは大きな金色の月が、ほんの少し重たそうに浮かんでいました。

 一緒に暮らしていた祖母が、別の場所から電話をしてくることに、不思議な感覚をおぼえました。そのせいでしょうか、あの月の印象がいまでも忘れられません。

 それからの私は、空を見上げるのが日課になり、月がきれいな日は祖母に電話で報せました。

 欠けた月、金色の月、オレンジの月、少し不気味な色をした月――。

 電話は、いつも一分ほどの短いものでした。でも……父や母さえ知らないそのやりとりは、祖母と私だけのとても大切な時間だったのです。

 数年後、会話もままならなくなってからは、さすがにそうした交流はなくなりました。大事な思い出のはずなのに、忘れて久しいある日、祖母は息を引きとりました。

 日々の生活に追われるなか、私は予定より十日も早く男の子を出産しました。奇遇なことに、それは祖母の命日でした。生まれたわが子を見た私は、ふと祖母と交した月の話を思いだしたのです。

「あぁ、なんで忘れちゃってたんだろう……」

 いつか、産まれたこの子とともに月を眺め、祖母の話をしたい。そう思います。きっと彼には、まだまだ月の美しさはわからないだろうけれど。


(愛知県・あさくらさん・絶賛育休中・39歳)


#あさくらさん

#創刊準備第5号

#家族

#自然 #風景

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

コロナ禍でスポーツの初心を思う

今、コロナ禍が、スポーツ環境に大きな影響を及ぼしている。 東京オリンピック・パラリンピックの延期、インターハイ(全国高等学校総合体育大会)や夏の甲子園(全国高等学校野球選手権大会)の中止など、長い歴史のある大会さえも、開催できない状況となっている。 とくにこのコロナ禍の中で引退を迎える選手などは、さぞつらい思いでいることだろう。 私が6年前、アメリカのアトランタで行われた交流大会でエールを送った東