検索
  • グッドニュース新聞編集部

真の友

 モンゴルと聞くとみなさんは何をイメージされますか?

 チンギス・ハーン、大草原、大相撲の力士……などなど、身近なようであまり具体的なイメージが湧かない方も多いのではないでしょうか。

 実はこのモンゴル、世界でもトップクラスの親日国なのです。ここで涙なしでは語れないエピソードを紹介します。

 けっして忘れることはできない2011年3月11日に起こった東日本大震災。震災直後にモンゴルの国会では、公務員全員の1日分の給料を義援金に充てることが即可決されました。そして震災後24時間以内に日本に送金してくれたのです。さらに国土の一部を日本に分け与えようという議論も持ち上がっていたとか。この大きな愛情は親日という次元を超えていますよね。

 そのモンゴルでは日本への渡航者がこの10年で約2倍になっています。日本語を学ぶ人も年々増えていて、今年8月にはジャパンフェスティバルという日本文化やグルメを知ってもらう大規模イベントが首都ウランバートルで開催され、来場者は8000人を超えたそうです。そんなニュースを知るだけでも、嬉しくなりますし、モンゴルへの興味も湧いてきますよね。

 私もひさびさにモンゴルへ行きたくなってきました。みなさんもぜひいかがですか?


(東京都・世界を知るGNP記者・石田和靖・48歳)


#石田和靖

#創刊準備第2号

#海外

#支援

#文化



1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

本にふれる機会を

いつもご愛読、ご寄稿のほど、誠にありがとうございます。『グッドニュース新聞』事務局員のHです。 本紙発行元のフローラル出版と同グループ内に、BRCという会社があります。常日頃は、おもに本屋さんが取引先の会社なので、業界の方でもないかぎり、名前すらご存じないに違いありません。その会社のメンバーのひとりM君が、ある日、ある思いに至りました。 新型コロナウイルス騒動で人々の気持ちがふさぎがちな、そんない

最後の授業

新型コロナウイルスの影響で、みなさんの社会生活にも、甚大な影響が出ていることかと思います。 私は校長となってこれまで、卒業式を翌日に控えた六年生に向けて、体育館で最後の授業をしてきました。 「――みなさん、明日はいよいよ卒業式です。育ててくださった方々への感謝の気持ちを込めて、明日は素敵な卒業式にしましょうね。 さて、みなさんの将来の夢はなんでしょう? 実は、夢は大きければ大きいほど叶いやすい、と

  • Facebookの社会的なアイコン
  • LINE_APP
  • Twitterの社会のアイコン
logo_mini.jpg

©2020 合同会社グッドニュース新聞社