検索
  • グッドニュース新聞編集部

Do it Yourself

『グッドニュース新聞』をご覧の皆さん、こんにちは。今回も大好きなアイスランドのグッドな一面をご紹介させていただきます!

 アイスランドは、世界幸福度指数ランキングでも毎年上位にランクインするような、広大な自然に囲まれ、経済的にも精神的にも非常に豊かな国ですので、私たちも吸収できる部分がたくさんあると思っています。

 アイスランドをひと言で表現すると、「自己責任の国」。いわゆる自己主張と寛容性のバランスが絶妙なのです。たとえば、街のいたるところで目にする、落書きやオブジェに代表されるようなアート。おたがいを認め合う文化を象徴しています。同調を促すような圧力とは無縁の社会だからこそ、心にゆとりが生まれるのでしょうね。

 対して、現在の日本は、その心のゆとりが不足しているという印象を受けます。安全・安心という点では、日本も実に素晴らしい国なのに、どことなく他人に対してきびしかったり、ネガティブなことに目を向けがちになったり。だからこそ、時にはふと立ち止まって、足もとにある幸せを見つめてみませんか?

 アイスランドを旅しているときに印象的だったのは、歩道を行き交う人たちの笑顔。スマホを見ながら歩いている人はほとんどいませんし、車のドライバーはつねに歩行者最優

先。自己責任の社会だからこそ、彼らは本質的な「幸せ」がなんなのかを知っているのかもしれません。

 私たちももっと楽に、軽やかに、生きていいのではないでしょうか。


(世界を知るGNP記者・石田和靖・48歳)


#石田和靖

#創刊準備第5号

#海外

#文化

#社会



3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

コロナ禍でスポーツの初心を思う

今、コロナ禍が、スポーツ環境に大きな影響を及ぼしている。 東京オリンピック・パラリンピックの延期、インターハイ(全国高等学校総合体育大会)や夏の甲子園(全国高等学校野球選手権大会)の中止など、長い歴史のある大会さえも、開催できない状況となっている。 とくにこのコロナ禍の中で引退を迎える選手などは、さぞつらい思いでいることだろう。 私が6年前、アメリカのアトランタで行われた交流大会でエールを送った東