検索
  • グッドニュース新聞編集部

Do it Yourself

『グッドニュース新聞』をご覧の皆さん、こんにちは。今回も大好きなアイスランドのグッドな一面をご紹介させていただきます!

 アイスランドは、世界幸福度指数ランキングでも毎年上位にランクインするような、広大な自然に囲まれ、経済的にも精神的にも非常に豊かな国ですので、私たちも吸収できる部分がたくさんあると思っています。

 アイスランドをひと言で表現すると、「自己責任の国」。いわゆる自己主張と寛容性のバランスが絶妙なのです。たとえば、街のいたるところで目にする、落書きやオブジェに代表されるようなアート。おたがいを認め合う文化を象徴しています。同調を促すような圧力とは無縁の社会だからこそ、心にゆとりが生まれるのでしょうね。

 対して、現在の日本は、その心のゆとりが不足しているという印象を受けます。安全・安心という点では、日本も実に素晴らしい国なのに、どことなく他人に対してきびしかったり、ネガティブなことに目を向けがちになったり。だからこそ、時にはふと立ち止まって、足もとにある幸せを見つめてみませんか?

 アイスランドを旅しているときに印象的だったのは、歩道を行き交う人たちの笑顔。スマホを見ながら歩いている人はほとんどいませんし、車のドライバーはつねに歩行者最優

先。自己責任の社会だからこそ、彼らは本質的な「幸せ」がなんなのかを知っているのかもしれません。

 私たちももっと楽に、軽やかに、生きていいのではないでしょうか。


(世界を知るGNP記者・石田和靖・48歳)


#石田和靖

#創刊準備第5号

#海外

#文化

#社会



2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

最後の授業

新型コロナウイルスの影響で、みなさんの社会生活にも、甚大な影響が出ていることかと思います。 私は校長となってこれまで、卒業式を翌日に控えた六年生に向けて、体育館で最後の授業をしてきました。 「――みなさん、明日はいよいよ卒業式です。育ててくださった方々への感謝の気持ちを込めて、明日は素敵な卒業式にしましょうね。 さて、みなさんの将来の夢はなんでしょう? 実は、夢は大きければ大きいほど叶いやすい、と

  • Facebookの社会的なアイコン
  • LINE_APP
  • Twitterの社会のアイコン
logo_mini.jpg

©2020 合同会社グッドニュース新聞社