検索
  • グッドニュース新聞編集部

Inabellage House いなべ村の家

 いなべには、Inabellage House(いなべ村の家)で提供している「みんなの畑」というプロジェクトがあります。

 5月にはプロジェクトの名称が『Katei 菜縁 大安』と決まり、これからいよいよ「みんなの畑」の活動が本格的に始まります!

『Katei 菜縁』とは――。家庭(家族)、子どもたち、仲間が集まり、自然の恩恵を受けた野菜たちの成長を楽しみながら、そこでつながったご縁を味わい、歓喜する。そして、笑い声が響き合い、大きな安心が生まれる空間にしたい――という想いが込められたプロジェクト名です。

 耕したばかりの土から立ちのぼる、春から夏にかけての季節の変化を感じつつ、早くも『Katei 菜縁』では、たくさんの夏野菜が続々と植えられています。お店で売られる前段階の野菜たちは、野菜本来のもつ新鮮な柔らかさであったり、まだ小さな赤ちゃんのような実であったり、思いもよらない顔や姿を見せてくれるものです。蝶々やヒバリなど、さまざまな生きものと野菜との共存を楽しむことができるのも、この菜園の魅力です。自然の豊かさや強さ、美しさを、五感でたっぷりと感じていただける場所になっているのです。

 あなたも広大な畑の中で、日々の慌ただしさとはひと味もふた味も違った、ゆったりとした時の流れに身を置いてみてはいかがでしょうか。

『Katei 菜縁』では、素敵な自然と仲間に囲まれて畑を楽しみたい、という方をお待ちしています。ぜひ一度、足を運んでみてくださいね。


(三重県・クラフトセラピスト・Kaorin・44歳)


#Kaorin

#創刊第5号

#地域

#自然

#食べもの

#つながり

#仲間


7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

コロナ禍でスポーツの初心を思う

今、コロナ禍が、スポーツ環境に大きな影響を及ぼしている。 東京オリンピック・パラリンピックの延期、インターハイ(全国高等学校総合体育大会)や夏の甲子園(全国高等学校野球選手権大会)の中止など、長い歴史のある大会さえも、開催できない状況となっている。 とくにこのコロナ禍の中で引退を迎える選手などは、さぞつらい思いでいることだろう。 私が6年前、アメリカのアトランタで行われた交流大会でエールを送った東